アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブートの殿堂」のブログ記事

みんなの「ブートの殿堂」ブログ


ブートの殿堂 Vol. 12 Dolls Live : Dallas '74

2016/04/09 21:38


New York Dolls - Opening SE / Courageous Cat Theme / Personality Crisis

Live at Gertie's, Dallas, TX, USA in September 18, 1973
from : Dolls Live Dallas '74 - Bootleg LP (Smilin' Ears. Venezuela 1978)


画像

画像

New York Dolls - Dolls Live : Dallas '74 - Bootleg LP
Smilin' Ears. Venezuela 1978
Recorded Live at Gertie's, Dallas, TX, USA in September 18, 1973

David Johansen - Vocal
Johnny Thunders - Guitar
Sylvain Sylvain - Guitar
Peter Jordan - Bass
Jerry Nolan - Drums

Side A :
1 : Opening SE
2 : Courageous Cat Theme
3 : Personality Crisis
4 : Vietnamese Baby
5 : Bad Girl
6 : Give 'Em A Great Big Kiss (Kiss Me)

Side B :
1 : Pills
2 : Frankenstein
3 : Lone Star Queen
4 : Don't Start Me Talkin'
5 : Lookin' For A Kiss


4月、JTの命日まで二週間。 俺も "Dollsスクール出身者の端くれ" なので、毎年、この時期には JT/Dolls関係のレコードを引っ張り出して聴きながら、自身の駄ブログに記事を書く。

一年ぶりのブートの殿堂は"Dolls Live : Dallas '74"。勿論、俺にとっての名盤 & 思い出深きレコード。基本的に、当駄ブログは"個人的な思い出 & 思い入れの強いブツ"しか取り上げないので、バランスは偏ります。ご了承願います。

超名盤 Sex Pistols"Spunk"のコピー盤をリリースしたベネズエラのSmilin' Earsからのリリースで、多分、これも西新宿の海賊盤屋キニー(Kinnie)で高校生の頃に買ったブツ。購入の決め手は、うろ覚えだが、キチン印刷された色付きのジャケと、先に買ったSpunkのコピー盤が"当たり"だったからだと思う。

このブートは少々説明が必要。タイトルこそ「Dallas '74」だが、実際は'73年9月にダラスで行われた4デイズ公演の2日目の演奏を収録したライヴ盤。クレジット・ミスはネットの時代になって情報を得るまで、特に疑わなかった。あと、このレコードはA面B面が逆(上記曲順は訂正済み)、SEの後の 1曲目のCourageous Cat Themeもノー・クレジットなので、昔は結構困惑した(Courageous Cat Themeはこれで初めて聴いた)。
その頃、高校生の俺にNew York Dollsの情報など、大して伝わって来るはずもなく、ラフォーレ原宿のディスクユニオンで日本フォノグラム盤「ベリー・ベスト・オブ・ニューヨーク・ドールズ」をジャケ買いしてからハマって、すぐこのブート購入(笑)。

音はオーディエンス録音だが全体のバランスが良く、ストーンズの当たりアナログ・ブートのクオリティ。演奏は冒頭からメチャメチャカッコ良い。New York Dolls ブートの中では重要盤の一つかな。
ここで聴ける"SE〜インスト曲〜Personality Crisis" という流れは、後にJohnny Thundersが引き継いだと思う (個人的見解)。YouTubeに頭3曲アップしてみた。

今年はSylvain Sylvainの来日があるのでとても嬉しい、が、実は16年前、俺はSylvainから個人的にメールをもらい、ある企画が実現出来なかった(涙)、というトラウマがずっとあるのだ ... 。


R.I.P. Johnny Thunders, Jerry Nolan, Arthur "Killer" Kane and Billy Murcia.


画像

裏ジャケ、サイン入り (印刷)


画像

Gertie'sのショー 告知ポスター


'74 Dallas show was in 1973 -- four nights in the fall, September 17-20.
Setlist: (one of the 4 shows) : Courageous Cat Theme / Personality Crisis/ Vietnamese Baby/ Bad Girl/ Looking For A Kiss/ Great Big Kiss/ Pills/ Frankenstein/ Lone Star Queen/ Don't Start Me Talking.
These shows are often wrongly listed as having happened in 1974. One of the shows is available on the "Dolls Live: Dallas '74" bootleg LP (Smilin' Ears 1978). Also released as part of the "From Here to Eternity : The Live Bootleg Box Set" 3CD (Sanctuary/Castle 2006).
Arthur's arm is still in a cast so roadie Peter Jordan continues to replace him on bass.



https://theamazingkornyfonelabel.wordpress.com/2014/11/04/the-new-york-dolls-dolls-live-dallas-74-smilinears-7707/

http://www.dallasobserver.com/news/for-your-weekend-listening-pleasure-the-new-york-dolls-trash-gerties-in-september-1973-7105263



画像

関連盤 "From Here to Eternity"The Live Bootleg Box Set (Sanctuary/Castle 2006).と共に。
オリジナル音源を持っていない方に、安い値段ならおすすめ。
https://www.discogs.com/ja/New-York-Dolls-From-Here-To-EternityLive-Bootleg-Box-Set/release/3265072


画像

"From Here to Eternity"のブックレットにDOLL誌登場



画像

New York Dolls (New York City early 1971 - 2012) Chronology
http://www.fromthearchives.com/nyd/chronology.html



関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201404/article_1.html

Spunk - Smilin' Ears盤
http://goldenarm.at.webry.info/200803/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2


ブートの殿堂 Vol. 11 Cosa Nostra Never Sleeps

2015/04/23 00:30
画像

画像

Johnny Thunders - Cosa Nostra Never Sleeps : Spectra Records - Bootleg (LP)
Sodertalje Folkets Park, Sweden on June 19th, 1983


Johnny Thunders - Guitar, Vocals
Henri Paul - Guitar
Billy Rath - Bass
Jerry Nolan - Drums

画像

http://www.discogs.com/Johnny-Thunders-Cosa-Nostra-Never-Sleeps/release/1532416




Johnny Thundersの命日。 俺も"Dollsスクール出身者の端くれ"なので、この時期は毎年JT/Dolls関係のレコードを聴き、自身の駄ブログに記事を書く。


「There's A Little Bit Of Whore In Every Little Girl」と並ぶ、JTアナログ・ブートの名盤といえばコレ(個人的見解)。ジャケットやインナーの写真 & ライナーノートにいたるまで、正式盤を超えた出来の良さ。裏ジャケの曲目クレジットの後にX面・Y面の各ランニング・タイムまで記されているという配慮あり。
ジャケのJohnnyとHenri Paulの写真が好きだ。公園か何処かで緑に囲まれた雰囲気が良いし、二人のファッション・センスも実にCool。

内容はGreat!録音状態はとても良いオーディエンス録音で、演奏も実にタイト。Nina Antoniaも「In Cold Blood」本の中で "The well recorded bootleg Cosa Nostra Never Sleeps" (出来の良い海賊盤) と記している。
唯一の欠点はアンコール前のラスト・ナンバー「Chinese Rocks」がフェイドアウトすることか、(録音テープの関係かね?)。あと、アンコールの最後に2度目の「Pipeline」というのが、初来日の読売ホールを彷彿させて個人的にポイントが高し。あの時もHenri PaulがGuitarだった。

そして、何といっても "Cosa Nostra Never Sleeps" というフレーズにシビレたね。今はそれほどでもないが(?)、俺が20〜30代の頃、狂ったようにこのフレーズを勝手に引用させてもらったので、自分が制作 & 関わったJT関係の作品とThe Golden Arms等のリリース作品なんかには、やたら "Cosa Nostra Never Sleeps" もしくは "The Art Of Cosa Nostra" (In Cold Blood by Nina Antoniaより) とか記してある。
以下の画像はその一部。

画像





ここ数日、JT追悼ウイークとして、「There's A Little Bit Of Whore In Every Little Girl 」と「Cosa Nostra Never Sleeps」を交互に聴いていた。今後、時間を作って、映画 「ジョニー・サンダースの軌跡 / Looking for Johnny」を観に行くとする。
Mr. Johnny Thunders R.I.P. (July 15th, 1952 - April 23rd, 1991)



画像

画像


ジョニー・サンダースの軌跡 / Looking for Johnny - 東京 新宿シネマカリテ 4/25(土)〜

関連ブログ記事 : Looking For Johnny - The Legend of Johnny Thunders
http://goldenarm.at.webry.info/201412/article_3.html





おまけ :
未だに愛用しているTASCAMの 4トラック・カセットMTR にも 「Cosa Nostra」 と。
画像

http://goldenarm.at.webry.info/200906/article_3.html

記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4


ブートの殿堂 Vol. 10 There's A Little Bit Of ... (2LP)

2015/04/14 22:46


Johnny Thunders - Have Faith
(Thunders / Sylvain / Rath / Nolan)
"Revenge - Tour 84" in Sweden July 1984

画像




画像

画像

Johnny Thunders & Sylvain Sylvain
There's A Little Bit Of Whore In Every Little Girl : New Rock Records - Bootleg (2LP)

Live Various Gigs on "Revenge - Tour 84" in Sweden July 1984



Johnny Thunders - Guitar, Vocals
Sylvain Sylvain - Guitar, Keyboards and Vocals
Michael Thimren - Guitar
Billy Rath - Bass
Jerry Nolan - Drums


4月も半ば、Johnny Thundersの命日も近い。俺も"Dollsスクール出身者の端くれ"なので、この時期は毎年JT/Dolls関係のレコードを聴き、自身の駄ブログに記事を書く。

コレは我が駄ブログの人気シリーズ(?)「ブートの殿堂」 の第1回に取り上げても良かったほどの超名盤。では、なぜそうしなかったか?というと、単純にその時の気分的な問題にすぎない(ミッキー森脇先生風)

「There's A Little Bit Of Whore In Every Little Girl」 は臨場感があり、とてもバランスの良いオーディエンス録音のライヴ・ブートレグ。スウェーデンの観客のリアクションがとても良く、熱い。特にアコースティック・パートの盛り上がりは凄い。"Revenge - Tour 84"というタイトル通り、しっかりとリヴェンジを果たした充実のスウェーデン公演だったのだ思う。

以下に収録曲を記したが、バラエティに富んでいて、ヴォリューム感ありありで聴きごたえ充分。
唯一、残念なのは、コレは何ヶ所かの寄せ集めのライヴ盤なのだが、データがまるで無いということ。このブートレグに関してはネットで調べても、未だに情報が少ない。それと、どこにもMichael Thimrenのクレジットが無いが、Side Aの最後でJohnnyが紹介しているので、ここではクレジットした。

今のところ、このブート盤でしか聴けない"Thunders / Sylvain / Rath / Nolan"クレジットのオリジナル曲「Have Faith」。このブートの目玉だが、誰もアップロードをしていないので、今回、俺がアップロードした。何にしても、今後、スタジオ音源発掘なんてミラクルがあると嬉しいが、望みは薄いか?

「Have Faith」はNikki Sudden & Freddy Lynxxがカバーして、アルバム 「By The Light Of The Burning Citroen」 (カセット・テープ)でリリースした。その後、Munsterのトリビュート盤にも収録された。
曲の終わりにJohnnyによる「Hey Nikki, Gimme a Callback, Okay? 」という声が入っていて泣ける。




Nikki Sudden - Have Faith (Johnny Thunders Tribute)



SylvainがKeyboardを弾く「Green Onions〜Who Needs Girls」がやたらカッコ良い。あと、Born To Loseを「This one's called Born To Be Wild 」って紹介するところがちょっと面白い。

蛇足だが、個人的な事を記すと、このレコードは 1995年にフランスに行った時、Freddy Lynxxに連れられて行ったパリのそれっぽいレコード屋で購入した。このブツは店に出してなくて、俺がわざわざ日本から来たのだと、Freddyに聞かされた店主が店の奥から出してきた ... 一人で店に行ったらまず買えなかったな。
個人的にフランスでの自身のライヴ http://goldenarm.at.webry.info/200701/article_9.html と旅の思い出等がプラスされた、とても思い入れの強い盤。

ちなみに'90年代後半に「Sad Vacation」、「 Live In Sweden 1984 (日本盤)」 としてCDも出たが、マスター音源はこのアナログ・ブートからだったと思う (俺はCDは持っていない)。何にしても、JTのブートは数あれど、これが最高傑作だと思う (個人的見解)。


画像


画像

「New Rose」では無く「New Rock」です。「Virgin」→「Vicious」に通じるナイス・ユーモア!
http://goldenarm.at.webry.info/201101/article_5.html


Side A :
1 : Pipeline
2 : Personality Crisis
3 : Too Much Junkie Business
4 : In Cold Blood
5 : Just Another Girl
6 : 14th Street Beat
7 : Whatcha Gonna Do About It
8 : Green Onions
9 : Who Needs Girls

Side B :
1 : Alone In A Crowd
2 : Countdown Love
3 : Ten Size Shoe
4 : Ramblin' Rose
5 : Sad Vacation
6 : Don't Mess With Cupid
7 : Have Faith

Side C :
1 : Yeah Yeah I'm Not Your Copy Cat
2 : Treat Me Like A Nigger
3 : The Underassistant West Coast Promotion Man
4 : The Spider & The Fly
5 : Born To Lose
6 : You Can't Put Your Arms Around A Memory
7 : Wild Horses
8 : Hurt Me
9 : Play With Fire
10: Eve Of Destruction (ノー・クレジット)
11: It's Not Enough
12: Chinese Rocks

Side D :
1 : The Courageous Cat
2 : I Wanna Be Loved
3 : I Love You
4 : Baby Talk
5 : Pipeline
6 : C.C. Outro
7 : There's A Little Bit Of Whore In Every Little Girl
8. : Great Big Kiss


追記 : 2016年12月某日 :

画像

「ジョニー・サンダース & シルヴェイン・シルヴェイン / ライヴ・イン・スウェーデン 1984」日本盤 CD をクリスマス・プレゼントに頂きました!今は見かけないブツなので嬉しい。
Mr. Yajimakin, Thanks a lot!


画像

参考資料 Johnny Thunders Discography by Ripple (Finland. 2000)
http://goldenarm.at.webry.info/200803/article_3.html


記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2


ブートの殿堂 Vol. 9 Garden State 78 (2LP)

2014/05/13 23:42
画像

画像



久々の投稿、久々の「ブートの殿堂」はMick Jaggerの"DestroyTシャツ"ジャケットがイカす! 知る人はとっくに知っている The Rolling Stones アナログ盤ブートの超名作「Garden State 78」。この年のSome GirlsのツアーはシンプルなR&R色の強いツアーで、特にこの「Garden State 78」はStonesの演奏もメチャ ラフ、ワイルドでパンキッシュ! ライン音源で録音状態も極上、聴いていて本当に楽しい。勿論、「ローリング・ストーンズ・ブートレッグ・ディスコグラフィー」や「Stone People」誌でも高評価。一つ気になるのは、何故か、俺所有のレコジャケには「Garden State 78」のタイトルが無いんだよな? ... 俺のがオリジナルなのか?コピーなのか?。この際どちらでも良いんだよ、素晴らしい内容なんで。


画像

A :
1. Let It Rock
2. All Down The Line
3. Honky Tonk Women
4. Star Fucker
5. Whip Comes Down
B :
1. Miss You
2. Imagination
3. Lies
4. Beast of Burden
C :
1. Respectable
2. Far Away Eyes
3. Love In Vain
4. Shattered
D :
1. Sweet Little 16
2. Tumbling Dice
3. Happy
4. Brown Sugar
5. Jumpin' Jack Flash
6. Street Fighting Man

Capitol Theater, Passaic, NJ, 14-6-1978

画像

「ローリング・ストーンズ・ブートレッグ・ディスコグラフィー 監修:中野D児 / JICC出版局」より



画像

「Stone People」より





The Rolling Stones live in Passaic City [14-6-1978] - Full Show

http://www.dbboots.com/bootlegs.php?op=showcont&cmd=show&bootkey=572

記事へナイス ブログ気持玉 123 / トラックバック 0 / コメント 0


ブートの殿堂 Vol. 8 Indecent Exposure LP

2011/03/06 14:27
画像

Sex Pistols  「Indecent Exposure / SP 6148 (コピー盤)」
Live 76 Club, Burton on Trent, 24th September 1976
(当時のブートにはよく「Live at 100 Club」とクレジットされていた)


Side One. Anarchy In The UK / I Wanna Be Me / I'm A Lazy Sod / New York / Don't Give Me No Lip Child / Stepping Stone / Submission
Side Two. Liar / Substitute / No Feelings / No Fun / Pretty Vacant / Problems

画像

白レーベル。文字が裏写りしており買った当時からうす汚れている。


PCの電源入れるのも久しぶり。貴重な休日。I'm a lazy sod ... I'm so tired ... 崩壊寸前? クタクタの身体と精神をコレで修復中。パワーをもらえる。コレもキニーで購入だったか?ジャケはインチキ臭い(ここ重要!)白ペラ紙が付いてるだけだし、レーベルも汚れた白色なので期待しないで聴いたら演奏も音質も素晴らしくて、あまりのギャップにブッ飛んだ覚えがある。コレも16歳頃の入手だから、もはや30年くらい聴いている ... これだけ聴いていれば、もはや俺の中でコレはコピー盤じゃなくモノホンよ! ブートからオフィシャル盤になるくらいなので、間違い無くブート史上最高傑作の中の一枚だ。とにかくレコード盤の思い入れが強いから、CDで「Burton on Trent」関連のブツはあえて買わなかった。ブートCDボックス・セットの中に入ってるヤツはあるがね。
以下は関連盤。こういうブツはブートでこそ光り輝くと思っていたので、当時、オフィシャル盤 (セミ・リーガル)「The Original Pistols Live」 が出たときは少々戸惑った。 しかもブートより曲が少ないって ... (苦笑)。


画像

「The Night of The Nastie」
これもブートのコピー盤。さらにインチキ臭い、青のペラ紙ジャケット。

画像

「Sex Pistols File 1976-1978  A Four Record Set」
4枚組ブートLPセットより

画像

「The Original Pistols Live」 LP
Receiver Records Limited : LP + Interview 12"
セミ・リーガル盤。音質は多少向上?しかし、Stepping StoneとSubmissionが未収録なのが残念。

画像

「Better Live Than Dead」 日本盤LP
(VAP : LP + 7")
正規盤。今や貴重か? しかーしライヴの曲順を変えたのはいただけない。7"は出来れば当日演奏されたが、全てのアナログ盤に未収録の「Satellite」にしてほしかった。


関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/200803/article_1.html

記事へナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2


ブートの殿堂 Vol. 7 GuN CoNtRoL ... 2

2011/01/30 12:46
画像

Sex Pistols 「Gun Control 」Bootleg...Winterland Last Live 14.Jan. 1978



「Gun Control 」 Glen Matlock 青ジャケ・ヴァージョンを安価で発見したので即ゲット。後にSex Pistolsのライヴが観れるとかこのライヴのオフィシャル盤がリリースされることなど、全く想像もしなかった高校生の頃から愛聴している非常に思い出深いブートだからつい集まってしまう ... 。こういう衝動的な意欲が失せたらもうダメなんだろうね(笑)。



画像

「Gun Control 」 赤・青・黄色 !
赤(ピンク)以外は1,000円くらいで購入した


画像

レーベルも実に味がある
Made in Germanyのクレジット


画像

DOLL誌7月号増刊「セックス・ピストルズ・グレート・コレクション」のブート盤紹介セクション「Pistols Piracy on the High Seas」は実に興味深くて面白い!



関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/200805/article_5.html

記事へナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2


ブートの殿堂 Vol. 6 Extra Issue

2011/01/20 00:21
画像

Public Image Limited 「Extra Issue / 26 December. 1978」
Recorded Live at Finsbury Park's Rainbow Theatre on Boxing Day '78



PILのデビューライヴ。まさしくPunk RockがAlternative Rockに変わる瞬間が録音された最強のブートレグ!たしか2days公演だったので、これはその2日目。客は勿論Sex PistolsのJohnny Rottenを観に来たが、そこにいたのはJohn Lydonだった。ウケが悪かったライヴといわれているが、コレを聴くかぎり、良くも悪くも結構リアクションはある。「Belsen was a Gas」もPILなりにソリッド演っててかなりカッコ良い。音質は良いし、演奏も迫力も「パリ・ライヴ」の100倍は良い。毒のあるユーモアたっぷりのジャケセンスもサイコー!なんたってレーベル名が「Vicious Records LTD」だからね。個人的にもコレがPILで一番聴くレコード。もしどこかで見かけたら是非入手をお勧めする。たまにこういうオフィシャル盤を軽く超えた素晴らしいブツがあるからブートは楽しい。


A :
1. Theme
2. Low Life
3. Belsen was a Gas
4. Annalisa

B :
1. Public Image
2. Sod in Heaven
3. Attack
4. Public Image Good-byeee


画像

裏ジャケはメンバー紹介
「This Album is Dedicated to Sid Vicious」のクレジットあり!


画像

レーベルは勿論PILロゴ Very Cool!


画像

一見、「Virgin Records」のロゴだが、実は「Vicious」なのだ! センス最高!





Public Image Ltd.- Belsen was a Gas ( Rainbow Theatre 1978)



記事へナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2


ブートの殿堂 Vol. 5 Pretty Blank

2009/12/21 23:45
画像

Sex Pistols 「Pretty Blank」 CD 15枚組 BOXセット。コイツで年末はたっぷり楽しめるな。


ついに入手。某チェーン店のポイント・カードを使用して購入したので、手頃な価格で購入することが出来た。しかし15枚セットとは恐れ入った。内容一覧は下記のデータを参照の事 (ただし間違っているモノもあります) 。過去ブートレグの復刻モノだが、2000年を過ぎてからリリースされたものもあるので、聴いた事がないライヴ音源もあって楽しみだった。一通り、ザッと聴いてみた感じでは、最高のヤツも最低なヤツもある。それは聴いてのお楽しみなので、ここでは内容について詳しくは書かない。ただ俺的ハイライトはコレで初めて聴いた「Baton Rouge」、「Nikkers Club」、「Electric Circus」、「Randys Rodeo」だ。何度もうるさく言わせてもらうと、クジ引きのようにアタリ・ハズレはあるとしても、基本、ブート物に音質などの文句をいうのはNGだ。なんたって1976 - 1978年のSex Pistolsのライヴ音源を今聴けるだけでも凄いじゃないか。'77年のラスト UK ツアー (Never Mind The Bans Tour) の音源だってあるのだ。俺はブートを非難しない、これは闇文化だからね。「よくぞ録音してくれた、おかげで聴くことが出来た、ありがとう」って感謝するよ。


PS : もう一つ、俺的ハイライトを追記。「Screen on the Green 77」 1977年4月3日、SidがPistolsに加入して2度目のGig (Sidのデビューは1977年3月21日、Notre Dame Hall)。Sidが 「Satellite」をプレイしているライヴはなかなか聴けないからね。


画像

DOLL誌増刊 「セックス・ピストルズ・グレート・コレクション」
コレはライヴ音源の把握等にとても役立ちます。マニアのマスト・アイテム!


CD 1 - 100 Club 24/9/76.
CD 2 - Spunk original.
CD 3 - Dave Goodman demos 77.
CD 4 - Goodmans demos + Sid from Max's / Screen on the Green 77.
CD 5 - Halmstad + Stockholm 77.
CD 6 - Ivanhoe's, Huddersfield 25/12/77.
CD 7 - Great South East Music Hall, Atlanta.
CD 8 - Psychotic Reaction - Baton Rouge.
CD 9 - Nashville 3/4/76.
CD 10 - 100 club 20/9/76.
CD 11 - Nikkers Club, Keighley 19/12/77.
CD 12 - Electric Circus, Manchester 76.
CD 13 - Randys Rodeo 8/1/78.
CD 14 - San Antonio.
CD 15 - Happy House, Sweden 77 / Moganbo Disco 77.


God Save The Sex Pistolsの 「Pretty Blank」 レビュー
http://www.philjens.plus.com/pistols/pistols/pistols_reviews_latest.html#PrettyBlank

記事へナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4


ブートの殿堂 Vol. 4 Bedspring Symphony

2008/11/22 19:16
画像

The Rolling Stones
「Bedspring Symphony / A Box Lunch and Meat Whistle Live in Concert」
http://www.dbboots.com/bootlegs.php?op=showcont&cmd=show&bootkey=539


「Shine a Light / Martin Scorsese X Rolling Stones」 は勿論、良いだろう ... でも、それは全盛期のストーンズを押さえた上での事だから、そこを間違えて騒ぐお調子者(大してストーンズを好きでもない業界人に多し)には殺意を覚える ... と言う訳で、以下 「ブートの殿堂」 個人的に始まります。「Bedspring Symphony」は永遠の名作ブート「Nasty Music」関連(Buruxell, Belguim 1973)の1枚モノのアナログ盤。Nasty Musicのオリジナル盤を持っていない俺はコレをホントよく聴いた。演奏&音質はほとんどNasty Musicと同じだから最高のクオリティ。ちなみにリリースはこのブート盤の方がNasty Musicよりも先なのです。イントロにおまけがあって、ラジオ音源風に始まるところがNasty Musicと違うところだし、1枚モノだからオイシイところ取りなので全編がハイライトだ。しかし、この頃のKeithとMick Taylorのギターの絡みは実に素晴らしい! ... 超グルーヴ感よ。1色刷りのペラ紙のスリーヴも非常に味があってそそる。中野D児氏監修の「ローリング・ストーンズ・ブートレッグ・ディスコグラフィー / JICC出版局 1992年」によれば 「諸外国ではNasty Musicよりも評価が高い」 なんて記してあるのが少し嬉しいね ... マニア心をくすぐります。


画像

Brussels Afffair 1973 CD
http://www.dbboots.com/bootlegs.php?op=showcont&cmd=show&bootkey=568

1973年のブリュッセル公演は後に「Brussels Afffair 1973」というタイトルでCDリリースされた .. 音質のクオリティはさらに良くなったし、Keithのジャケット写真もカッコ良い。超名盤ブートCD


画像

「Bedspring Symphony」は思い入れが強いブートなので、CDでリイシュされた際にも購入した。これはジャケットもカラーになっているし、音質もさらに向上している。どこかで見かけたら購入をお勧めします。





Street Fighting Man (1973) by: The Rolling Stones




Bootleg recordings database, specially on The Rolling Stones.
http://www.dbboots.com/index.php

記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


ブートの殿堂 Vol. 3 GuN CoNtRoL

2008/05/21 21:30
画像

Sex Pistols 「Gun Control 」Bootleg...Winterland Last Live 14.Jan. 1978
最近入手した Sid Viciousジャケ・ヴァージョン


俺が初めて動いているSex Pistolsの映像を観たのは以前にも書いたが、渋谷センター街の雑居ビルの2階にあった「ロック・ビデオ・イン渋谷」っていうスペースだ。毎日毎日スクリーンでロックのビデオ・コンサートをやってる画期的なところで一ヶ月の定期券を購入すると毎日来てもよいところだった。Sex Pistolsスペシャル・デイは順に「ウインターランド」「ダラス」「プロモ集(テレビ埼玉ミュージックトマトの映像より)」「TGR&RS」の4本立てだった。これって今考えても凄いね。時期はまだThe Clashの来日前だ。最初の最初が「ウインターランド・ラスト・ライヴ」だから衝撃と思い入れは特に強くてね。その後、ウインターランドのライヴ・ブート「Gun Control」のGlenジャケを西新宿のキニーで購入。音質は最初に購入した「Sweden」よりクリアで、「ブートってわりと音が良いんだな」と大きな勘違いを俺にさせた。演奏はラフもいいところで、対マルコムやメンバー間の人間関係が良くないのでテンションは高かったり低かったりと変な緊張感アリアリだし、Steve Jonesのギターのチューニングも合ってなかったり、Johnny Rottenの音程も微妙。しかし聴きどころは沢山ある。「Belsen Was a Gas」は最高の曲、最高の演奏だし、ギターの機材トラブル(シールド?)でブレイク部分が出来る「Bodies」や「Liar」もSidのDee Dee Ramoneばりのアタックの強いベースが聴かせる。ラストの「No Fun」もJohnnyがヤケクソ気味で実に良い。
その後、10年以上経ってからオフィシャルCDとVHS等がリリースされた。クオリテイは驚くほど良いが、やはりブートレグのほうが何倍も興奮するね。ここに掲載したジャケットを見ただけでもそれは理解できるだろう??
SeX PisTOLs BOotLeG FuCK ForEVeR !!

画像

Glen Matlock ジャケ・ヴァージョン
「a-haha, Ever get the feeling you've been cheated ? / アハハー、騙された気分はどうだ?」 by Johnny Rotten


画像

「Sex Pistols File 1976-1978  A Four Record Set」
4枚組ブートLPセットより

画像

Regular S.F. 'ippies And Assorted Longhairs
Original Sound Recording KSAN FM San Francisco
シングル・ブート盤 Blue Vinyl

画像

「Winterland Concert 伝説のラスト・ライヴ」
オフィシャルCD & VHS

画像


復刻CD6枚組セット「Indecent Exposure」より
http://goldenarm.at.webry.info/200803/article_1.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ブートの殿堂 Vol. 2 All Across Your Town
ブートの殿堂 Vol. 2 All Across Your Town All Across Your Town : Live 'Ladies and Gentlemen' Sound Track http://www.dbboots.com/bootlegs.php?op=showcont&cmd=show&bootkey=1898 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 22:34
ブートの殿堂 Vol. 1 Spunk - Smilin Ears盤
ブートの殿堂 Vol. 1 Spunk - Smilin Ears盤 「ロックの殿堂(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)」 ...しかしナンセンス、センスレスだな。そのうちに「パンクの殿堂」とかもやるかもな?...俺はそんなモノを求めてこの世界に来たわけじゃない。ツルむな!群れるな!バンドは一人じゃ出来ないかもしれないが、PunkやRockは独りでも出来る。99人がクソだと言っても、自分一人が最高だと思えばそれで良い。その逆もある。しかしRolling S****誌や日本のメジャー雑誌なんかで選ぶ名盤Rock100... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/12 23:23

トップへ | みんなの「ブートの殿堂」ブログ

So Loose REVISITED ブートの殿堂のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる