アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Sex Pistols」のブログ記事

みんなの「Sex Pistols」ブログ


Never Mind The Valentine's day

2016/02/07 13:01


Never Mind The Valentine's day
Here's The Ace Killers Chocolate
This is Sweet Revenge

AKU MK U ... New Shit Coming Soon !


画像

画像

Ace Killers Black Chocolate ... Bad for your teeth




画像

Jesus loves ... Ace Killers Chocolate Box



Produced by Ace Killers International Corporation (2016)
Copyright (C) 2003 - 2016 Ace Killers International Corporation All Rights Reserved.

記事へナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2


Apache (アパッチ) 創刊第1号 July 23 1977

2015/07/30 16:18
画像

倉庫出しスペシャル ... Vol. 4 - Apache (アパッチ) 創刊第1号 July 23 1977


訳あって断捨離(死語?)中にガラクタ倉庫から日本のPLAYBOY誌こと"Apache" 創刊第1号を発見。
1977年7月23日発行。コレはリアルタイムで購入したわけではない。「BOY LONDON」のDESTROYガーゼシャツを張り切って着ていた高校生の頃('80年代前半)、高円寺の古本屋で見つけて買ったのだ。俺にとってはお宝だが、その頃の世間はこのようなブツに感心が薄く、プレミアどころか、タダ同然の価格で入手した。コンディションは未だに良い。今や貴重か?

お目当ては当然 " Sex Pistols 独占インタビュー"のカラー・グラビア。記事も写真もオリジナルってのがホントに凄い。あとThe Runawaysのメッセージ付きのグラビアも最高。


画像

画像

日本初公開 今 もっともアナーキーな Sex Pistols 独占インタビュー


画像

「ロックは血と精液だ」っていうタイトルがスゲー!(笑)

以下、記事の抜粋 ...



安全ピンを頬に刺し、血を流し、唾をはきながら、歌い、叫ぶパンク・ロックのアウトロー、セックス・ピストルズ。とびかうスキャンダルの中で、彼らの素顔を見つめ、彼らのナマの声を聞いてみた!(本誌海外取材班)

- ところで、なぜ安全ピンを頬にさしたり、変わった髪形やファッションを身につけているの?

「その質問はナンセンス。舞台を見に来てくれればわかるよ。コンサートにくる連中は、みんな思い思いのかっこうをしてくるね、俺たちのフィーリングにぴったりの奴らばかりだ。ファッションも、今までみたいに、デザイナーから押しつけられたんじゃなくて、自分のほしいものを探し歩いたり、自分で作ったり、一つの生きがいにしているんだ。」

「まあ、なんでこんなことをやっているか、しいて答えるとすれば、今の世の中がめちゃめちゃにつまらないからだ。今までのロックも眠たくなるだけだ。大切なのは目をさますことだ。俺たちは自分もお客もエキサイトさせたいんだ。」

「自分が見たり、聞いたり、感じたりする事を、そのまま書けばいい。だから、俺たちの歌は自然とイギリス社会の腐敗ぶりをえぐる事になるんだ。それが大人たちにはけむたいんだろうけど。とにかく、俺たちは血を流し、暴れまくり、唾をとばして、せいいっぱいロックでFUCKするんだ!」

「DAMNEDとCRUSH(原文ママ)と俺たちをあわせて三大パンクなんて言われているけど、彼らは、けっこう俺たちのマネが多いよ。アメリカのランナウェイズだって、女の子だけで70年代のロックをやっているのが珍しいだけじゃないの。もっともJETTという子は俺たちの大ファンで、セックス・ピストルズのTシャツを着てるそうだけど。」

「俺たちは最高なんだ。 他の歌手やバンドなんか考える必要なんかまるでないよ。俺たちは人のまねなんかしないし。売れようと売れまいと、俺たちの音楽は変らないんだ。どんなにじゃまされても、今までもがんばってきたし、これからもやる気は十分だ。」


画像


画像

(Photo by Toru Kogure)




画像

Sexy Shock!! The Runaways ... Cherrie Currieが美しい

画像

Joan Jettのあどけない笑顔が可愛い





関連ブログ記事

倉庫出しスペシャル - 「POPEYE」 1977年
http://goldenarm.at.webry.info/201301/article_4.html

倉庫出しスペシャル - JUKEBOX Magazine from France
http://goldenarm.at.webry.info/201301/article_5.html

倉庫出しスペシャル - Sex Pistols : Wanted - By Thousands Of New Rockers
http://goldenarm.at.webry.info/201305/article_3.html


記事へナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0


Sid Sings!

2015/02/02 21:25
画像

Sid Sings LP
http://en.wikipedia.org/wiki/Sid_Sings


何度聴いても、年相応の異なった聴き方が出来る、俺自身のルーツ的な一枚。今夜は繰り返し聴くぞ。


画像

Sid Sings Virgin Original LP ... Original sleeve sticker, Inner sleeve and Poster.




画像

画像

画像

Sid Vicious & The Idols Max's Kansas City 1978

この素晴らしいメンツ。ちなみにAlan Parker著「No One Is Innocent」によると、SidはDead Boysと一緒にNYCで何度かGigを演る話もあったらしい。もし実現してたら、どんなLiveになっていたのだろうか? ... と妄想しながら「Sid Sings」を聴くのもまた楽し。
....とか記していたら、Dead Boysのライヴ盤も聴きたくなったので続けてプレイ!

画像

Dead Boys 「All This And More」 LP (Bomp! 1998)
http://punkygibbon.co.uk/bands/d/deadboys_allthis.html






On the 18th September, 1978, Sid Vicious and Nancy Spungen, Stiv Bators and Cynthia Ross (of The B Girls) appeared together on Efrom Allen’s Underground cable television show.




関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201302/article_1.html

http://goldenarm.at.webry.info/200912/article_1.html

記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2


NEVER MIND THE BOLLOCKS - OVED 136

2014/10/29 00:23
画像

画像

NEVER MIND THE BOLLOCKS - OVED 136 (LP) The Virgin Mid-Price Range.



英 NEVER MIND THE BOLLOCKS - OVED 136。いわゆる "Belsen + 2 Liar "ジャケ盤。特別、珍しい盤では無いが、何故か俺には縁が無く、今まで持ってなかったので、今回、入手記念に掲載。
DOLL増刊の「セックス・ピストルズ・グレート・コレクション」によれば 1985年リリース、8thプレスの廉価盤。購入の決め手は「The Virgin Mid-Price Range」のカタログが印刷されたインナー・スリーブ。細かい話だが、こういうのが結構重要。
Sex Pistols Fuck Forever !!



画像



記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2


オレはセックス・ピストルズだった / I Was a Teenage Sex Pistol

2014/10/03 21:22
画像

オレはセックス・ピストルズだった / I Was a Teenage Sex Pistol
グレン・マトロック著 / ピート・シルヴァートン補筆 / 岡山徹 訳


画像

「1976年の初夏、クラップハムにあるマジェスティック・スタジオで、初めてレコーディングをした時のスナップ。クリス・スペディングは、まだ来ていない。マルコムとニルス・スティーヴンソンを含めたバンドが、外でポーズをとっている。まるで、生まれて初めて戦闘に出る兵士のよう」 by Glen Matlock 本文より


この本は発売当時(1992年)に立ち読みですませていたが、先日、吉祥寺の古本屋で500円で売っていたので、即Get。Glen MatlockからSex Pistols伝説に「一言言わせろ」的なインサイド・ストーリー。グループ誕生前の細かいエピソード等、かなり面白いのでPistolsファンは必読。ただ裏話が多いので、あくまでも映画「The Great R&R Swindle」や「No Future」を押さえた後に読んだほうが良い (勿論、John Lydonの自伝やAlan ParkerのSid Vicious関連も同様) 。
個人的に興味深かったのは今や伝説中の伝説(?)"Anarchy in the U.K. Tour"の裏側の話。演奏させてもらえないので、実際はかなり退屈していたことが細かく書かれている。GlenがJohnny Rottenやメンバーとの間に溝が出来たと感じたのが、この"Anarchy in the U.K. Tour"の頃で、その理由として「僕は(The Clashの)Mick Jonesと仲が良かったから、それがPistolsの他の連中の逆鱗に触れたのだと思う ... しかも奇妙なことにClashまでもがMickのことを裏切り者と考えた」と書かれている。
Sidの章は映画「Who Killed Nancy」のインタビューとかぶっているが、Sex Pistolsファンなら読んで損は無い、と今更ながら記しておく。

画像

画像

Glen Matlockによると「ミキシングする前に資金が底をついてしまった」「ほとんど役に立たなかった」と記されているChris Spedding Demo。"Problems""No Feelings""Pretty Vacant"の3曲、何にしてもSpedding色が強く出ていて、俺は好きだ。




「Adam Antが、Morrisseyが、Billy Idolが、いちばん大きな影響を受けたのは、この時期であり、つまり76年のPistolsだ。1976年の4月3日、Nashvilleで僕たちの演奏を見たあとJoe Strummerは、昨日はどっかの馬の骨だったのに、今日は王様だもんな、と言った 」 by Glen Matlock 本文より


画像

読みながらのBGMは勿論、Nashville Rooms (SEX 24) Bootleg LP

A :
1 : Did You No Wrong
2 : No Lip
3 : Lazy Sad
4 : New York
5 : Whatcha Gonna Do About It
6 : Stepping Stone
7 : Submission
8 : Satellite Kid

B :
1 : No Feelings
2 : Pretty Vacant
3 : No Fun
4 : Substitute
5 : Problems
6 : Understanding
7 : Did You No Wrong

画像

Live at Nashville Rooms, London 3rd April 1976






Sex Pistols - Cover version of Understanding (Small Faces)
3rd April 1976 - Nashville Rooms, London




記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2


ゴッド・セイブ・ザ・ピストルズ

2014/08/02 21:50
画像

ゴッド・セイブ・ザ・ピストルズ / セックス・ピストルズ
日本盤シングル、限定12インチと当時の広告 (日本コロムビア)


画像



修理に出していた 「初代 Vestax handy trax」 が戻ってきた。コレは2008年から使ってるから、やっぱり愛着がある。最初に聴くのは決まっている。俺がこのポータブル・プレーヤー購入のきっかけになった Cook 'n' Jones feat. Ronnie Biggs だ。日本コロムビア盤はポータブル・プレーヤーで聴いても迫力あるね。アナログ盤 最高です!


画像

ここで彼らが聴いているのはNMTBだが





No One Is Innocent (The Biggest Blow) by : Sex Pistols feat. Ronnie Biggs





Belsen Vos a Gassa by : Sex Pistols feat. Ronnie Biggs & Martin Bormann



関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201010/article_3.html

http://goldenarm.at.webry.info/200810/article_8.html

記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2


The Rolling StonesとPunk

2014/07/29 17:07
画像

ローリング・ストーンズ語録 (シンコー・ミュージック 1982年初版)
デヴィッド・ダルトン、ミック・ファレン 編集
山本安見、野間けいこ 訳


画像



高校生の頃、初めて買ったThe Rolling Stones関係の本。特に貴重でもないと思うが、レコードを聴きながら気軽に読めて、今でも一番好きなStones関係本なのだ。
The Rolling StonesとPunkについてだが、個人的にはPunkはStonesの延長上にあると思ってるので、分けて聴いていない。当事、The Clashの「1977」の歌詞を真に受けた輩も沢山いたと思うが、Joe Strummerは後にティーンの頃、木製ラジオから流れてきた「Not Fade Away」に衝撃を受けたと公言してるしね。

上記の本にMickやKeithが当時のPunkをどう受け止めていたかが記してある。これが今読んでも結構面白いので、以下に抜粋。

Mick Farren(The Deviants)の編集なのでPunkに関する記述が多めなのかもしれない(?)。


画像



「まず最初にいっておくけど、ジョニー・ロットンがマルコム・マクラーレンのやってたセックスというブティックのドアを、俺の鼻先でぴしゃりと閉めたっていうのは、まっかなうそだからね。アイツは俺についちゃ、ひどいことばかりいうのさ ー 愛してるって証拠だよ」 
(ミック・ジャガー 1977年)


「イギリスのパンクのレコードは、俺たちの初期のサウンドに似てるね。ああいう音を出すのは、今では難しいんだ。でも奴らは、それを目ざしてるみたいだな。 ... だからグレン・マトロックみたいな奴が出てくるんだよ ー 歌の面でいえば、イギリスのパンク・ムーヴメントの黒幕のひとりなんだけどね ー 奴がイアン・マクレガンをリッチ・キッズのラインナップに加えたりした。それですぐに、スモール・フェイセズとの関係をいわれるようになったりするんだ。前にもいったように、こういうつながりをブチ破ることなんかできないのさ。もちろん、セックス・ピストルズみたいに、独自にワーッと盛り上がることもあるけど、あれはちゃんと考えられたものなんだ。俺たちの初期の大プロモーターだったアンドリュー・オールダムと同じくらいの力を持ってるマルコム・マクラーレンのおかげなんだ。 」 
(キース・リチャーズ 1978年)


「人びとは俺たちとアンドリュー・オールダムのことをマルコム・マクラーレンとセックス・ピストルズなんかとくらべたがる、くらべられそうに見えるんだが、実際はくらべようがなかったさ。ジョニー・ロットンは自分たちが作られたものだって気づいてたんだが、グループのほかのメンバーはガッツを持って続けていけるほどの、ののしり言葉を考えつかなかったってわけさ。」
(ミック・ジャガー 1978年)


「パンク、パンク、パンク! 俺たちはパンク・バンドだぜ。数少ないホンモノなんだ。」
(ミック・ジャガー 1978年)


ストーンズを意識的にまねているようなバンドがありますね、ニューヨーク・ドールズとか。どう思いますか?
「みんなが似ているっていうから、そんなもんなんだろうと思っているだけさ。プレイしてるところも見たことないね。写真を見る限りでは、この男(デヴィット・ヨハンセン)がミックのまねをしているんだろうってわかるよ。えらく似てるじゃないか。」
(キース・リチャーズ)


「ニューヨーク・ドールズにもヘドがでるぜ。ゴミのかたまりさ。イギー・ポップはいいぜ。このあいだのデヴィッド・ボウイーとのツアーの時に見たんだ ー かなりへただったな。」 
(ミック・ジャガー )


画像

Johnny Rotten風 コーディネートのMick Jagger (1978年)

画像

Johnny Rotten (Jubilee Boat Trip 1977年)


画像

Red Patent LeatherのMick Jagger (1978年)

画像

元祖、Red Patent LeatherのNew York Dolls (1975年)






Shattered by : The Rolling Stones (Texas 1978)
「俺を見てくれ、もうボロボロだ。粉々に壊れちまった ... 」 StonesからのPunk Rockへの返答 ... と、言われている。




追記 : 以下は世話になっている Rock - Punk フリー編集者の白谷潔弘氏からのタレコミです(Many Thanxx!)
ネタ元はNME。こんな話があったのか ... 当時は全く知らなかった。


John Lydon praises Mick Jagger for paying Sid Vicious's murder charge lawyers

Lydon says he has 'a good liking' of Jagger because of his generosity when Vicious was accused of murdering Nancy Spungen
http://www.nme.com/news/sex-pistols/73733

ジョン・ライドン、シド・ヴィシャス逮捕後に裁判費用を払ったミック・ジャガーを称賛

セックス・ピストルズのジョニー・ロットンことジョン・ライドンは、シド・ヴィシャスが交際相手のナンシー・スパンゲンの殺害容疑で逮捕された際、弁護士を手配しその費用を立て替えたザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーに対して敬意を表している。
http://ro69.jp/news/detail/92002



関連ブログ記事
Rock 'n Roll Circus by Mick Farren
http://goldenarm.at.webry.info/201202/article_4.html


記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2


音楽専科社 「パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX」

2013/06/02 00:11
画像

パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX


休日に代打で仕事に入る。望まれるうちが華。日払いで頂いて、自分へのご褒美に音楽専科社の「パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX」を購入、これは先日、悪友Suck Livingdeadと電話で話した影響だ。 http://ameblo.jp/killcity67/entry-11536572374.html?frm_src=thumb_module 出た当時は印刷が雑でガッカリして買わなかった。
音楽専科誌は英 NME誌の翻訳が多くて好きな雑誌だった。オリジナル記事のスクラップは今でも持っている、特にSex Pistols関連。俺はわりと物持ちが良いので、こうしてブログ記事になる事が多い(?)。カラーページは取っておくが、本文は捨ててしまったので、まとめて読めて有り難い、と今更ながら思うし、当時の(十代の)自分の事も思い出したりするね。BGVは「The Punk Rock Movie ノーカット版」 バップビデオ 1991年版 VHS、音だけ聴いてても楽しめる。至福の時間。


画像

当時のスクラップ。グラビアが良かったので綺麗に復刻して欲しかった。


画像

こういった記事がまとめて読めて面白い。


画像

Johnny Thundersの初来日インタビューも掲載されています。この写真良いな。



Punk77! 俺の大好きなWebsite
http://www.punk77.co.uk/

関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201210/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2


Where Were You in 77 ?

2013/05/27 21:19
画像

Where Were You in 77 ? ( 77 Records )
Live at The Village Club, Newport, Shropshire 〈December 23rd, 1977〉


画像


「GSTQ」、「I Wanna Be Me」、「17」、「NY」、「EMI」、「Bodies」、「Belsen」、「Holidays」、 「No Feelings」、「Problems」、「Vacant」、「Anarchy」、「No Fun」、「Submission」、「Liar」

画像

1977 : The Bollocks Diaries より


Sex Pistolsスイッチが一度入ると、しばらく続く ... 「Where Were You in 77 ? 」って言われても、残念ながら俺はUKではなく、東京で野暮ったくしていたとしか言えないが ... 1977年12月16日にBrunel University からスタートしたSex Pistolsの「Never Mind The Bans」ラストUKツアーの音源は全て聴きたい。マンネリのセットに「Bodies」、「Holidays In The Sun」や「Belsen Was a Gas」を加えた演奏は荒くて面白味があるからね。この「Where Were You in 77 ? 」はコアなファンには人気が高いセミ・リーガルアルバム。ジャケットはこれと同時期に出た、黄色とか紫とかピンクのしょうもないセミ・リーガル盤と同じクオリティだが、聴いてビックリ、今まで聴いたことの無い演奏が15曲フルセットで収録されていた。徐々に情報が出てきて、ラストUKツアーの音源という事で納得。「セックス・ピストルズ・グレート・コレクション」誌やトドメの「1977 : The Bollocks Diaries 」で会場&日時確定というところか。ウインターランド写真のJohnny Rottenジャケは、せめてここでイタズラしたようにカラーにしてほしかった。「1977 : The Bollocks Diaries」眺めながら聴いている。録音は良く無いが、このVestaxならピッチ調整出来るしポータブル・プレイヤー音質でもかなりも楽しめる。


画像

ラストUKツアーのデータ ( 1977 : The Bollocks Diaries )より

画像

ジャケの元ネタは「PUNK! Lives」誌のウインターランドLive写真(右)か?


記事へナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4


The Great Rock 'n' Roll Swindle VHS : VOS

2013/05/22 22:04
画像

The Great Rock 'n' Roll Swindle VHS (JICC出版 : VOSシリーズ 1990年)


先日、フラッと立ち寄った中古レコ屋で、JICC出版(宝島社) VOSシリーズ「The Great Rock 'n' Roll Swindle」のVHSを安価で購入。特別レアものでは無いと思うが、実は入手出来て嬉しいブツなのだ。何しろ、日本だけのオリジナルSid Viciousジャケが今となってはなかなか味があると思うし、観てビックリ、いきなりThe Great Rock 'n' Roll Swindle Trailer(予告編映像)が流れるというのが嬉しい。昔はシングル盤 「I'm Not Your Stepping Stone」 B面の 「Pistols Propaganda」 で音だけをありがたく聴いていたものだった。ミッキー森脇先生が監修した字幕もこれはココでのオリジナルだ。変な話、人間は年をとってくると原点回帰するというが、やっぱり映画「The Great Rock 'n' Roll Swindle」やSex Pistolsは今でも俺を興奮させる。


画像

バックカバーもオリジナル

画像

ライナーもミッキー森脇先生の「セックス・ピストルズにたいする思いつくままの雑記」
まあ、この駄ブログ自体も「思いつくままの雑記」なのだ。

画像

日本公開時('90年代)パンフレット (そういえば観に行った) と対になりそうな ...


画像

現在、The Great Rock 'n' Roll SwindleはDVDの他に3本のVHSを所有
右のプラケース入りはPolyGram Video(ポリドール 1993年)




おまけ : 鑑賞のお供


画像




画像

画像

The Great Rock 'n' Roll Swindle タイアップのタブロイド小説



画像

米 Slash誌 The Great Rock 'n' Roll Swindle特集 JulienTemple インタビュー

画像

米 Slash誌 John Lydonインタビュー (表紙イラストの元写真 Lydon & Malcolm)





The Great Rock 'n' Roll Swindle (1980) Trailer



関連ブログ記事

http://goldenarm.at.webry.info/200911/article_5.html

http://goldenarm.at.webry.info/200903/article_4.html


記事へナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4


タイトル 日 時
Sex Pistols : Wanted - By Thousands Of New Rockers
Sex Pistols : Wanted - By Thousands Of New Rockers Star Monthly No.9 ... Published by Aquarius Books LTD, London ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/16 20:49
The Best of Punk Magazine
The Best of Punk Magazine The Best of Punk Magazine ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/22 23:51
Sweet Excess for Sid and Nancy ... by Richard Hell
Sweet Excess for Sid and Nancy ... by Richard Hell Sweet Excess for Sid and Nancy there was no more exciting way to be young than to die before they grew up. Article by Richard Hell ( from Spin Magazine. December, 1986) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/02 00:57
POPEYE - 1977
POPEYE - 1977 倉庫出しスペシャル ... Vol. 1 「POPEYE」 1977年 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/15 19:29
UP THEY RISE
UP THEY RISE the incomplete works of Jamie Reid - UP THEY RISE ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 13:25
the FILTHY LuCRE tour LiVE in JAPAN
the FILTHY LuCRE tour LiVE in JAPAN Sex PisTOLs - the FILTHY LuCRE tour 1996 ポスター & フライヤーとその元になったBob Gruenによる写真(Kingfish Club, Baton Rouge, Louisiana, USA, 9th January 1978) 左下は1996年6月23日のFinsbury Park, Londonでのライヴ告知広告 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/14 23:14
Sid Lives
Sid Lives Record Collecter / The Birth of PUNK ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/28 19:27
Super Sonic
Super Sonic Super Sonic Magazine ( Oct.1977) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 22:33
iNFoRMaTiON +LinK 追加
iNFoRMaTiON +LinK 追加 最近、「So Loose REVISITED」ブログにアクセスや観覧出来ないトラブルが断続的に起こっていますのでご了承下さい。俺はしばらくの間、Sex Pistolsに浸っています(笑)。 by Hiroshi The Golden Arm xxx サービス画像(?) ... 俺のSex Pistols少年時代 (16-17才) ガーゼシャツは「BOY LONDON」、ボンデージ・パンツとジャケットは原宿プラザにあった「東倫」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/19 22:37
Never Mind The Bollocks 35th Anniversary Edition
Never Mind The Bollocks 35th Anniversary Edition Never Mind The Bollocks Special 35th Anniversary Edition ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/15 21:31
Pretty Dope Fiend
Pretty Dope Fiend Pretty Dope Fiend by The Delinquents (Nancy Spungen Tribute) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/08 12:46
Anarchy in London
Anarchy in London Sex Pistols Experience Punk Special 2 @ The 100 Club (22nd October 2011) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/07 00:59
D.O.A. Dead on Arrival - A Right of Passage
D.O.A.  Dead on Arrival - A Right of Passage D.O.A. より、米、Punk Magazineに見開きカラーで掲載されたSidとNancyのインタビュー ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/17 14:04
漫画 「PIL - Public Image Limited」
漫画 「PIL - Public Image Limited」 「PIL 」 by ヤマザキマリ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 23:04
Sex PisTOls ... JoCK BoX 1
Sex PisTOls ... JoCK BoX 1 The Sex Pistols Jock Box 1 (January 1987. McDonald Brothers Corp, Jock McDonald of the Bollock Brothers) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/02 00:20
No Future U.K.?
No Future U.K.? Sex Pistols 「No Future U.K.?」 LP 英 Receiver Records 1989年 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/25 19:04
God Save The Sex Pistols Experience!
God Save The Sex Pistols Experience! Anarchy In The U.K. by : Sex Pistols Experience ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/09 23:30
A BITTA PIL - Dennis Morris Photo Exhibition
A BITTA PIL - Dennis Morris Photo Exhibition http://www.parco-art.com/web/factory/dennis1103/index.php ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/27 12:00
ブートの殿堂 Vol. 8 Indecent Exposure LP
ブートの殿堂 Vol. 8 Indecent Exposure LP Sex Pistols  「Indecent Exposure / SP 6148 (コピー盤)」 Live 76 Club, Burton on Trent, 24th September 1976 (当時のブートにはよく「Live at 100 Club」とクレジットされていた) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/06 14:27
Sex Pistols Cut-Up!
Sex Pistols Cut-Up! セックス・ピストルズ写真集 Sex Pistols Cut-Up! (1989 by Shinko Music Pub Co.Ltd.) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/05 23:31
Love Kills N.Y.C.
Love Kills N.Y.C. Sid Vicious 「Love Kills N.Y.C.」 LP ... Live at Max's Kansas City N.Y.C. 1978 (Konexion. More Chaos Records) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/02 22:49
ブートの殿堂 Vol. 7 GuN CoNtRoL ... 2
ブートの殿堂 Vol. 7 GuN CoNtRoL ... 2 Sex Pistols 「Gun Control 」Bootleg...Winterland Last Live 14.Jan. 1978 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/30 12:46
ブートの殿堂 Vol. 6 Extra Issue
ブートの殿堂 Vol. 6 Extra Issue Public Image Limited 「Extra Issue / 26 December. 1978」 Recorded Live at Finsbury Park's Rainbow Theatre on Boxing Day '78 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/20 00:21
Barbarella
Barbarella Barbarella Disco, Sweden ... Sex Pistols出演 (July, 1977) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/22 23:35
ビーチでNever Mind The Bollocks
ビーチでNever Mind The Bollocks ビーチに寝転んで「Never Mind The Bollocks」を聴くCook'n'JonesとRonnie Biggs。映画「The Great Rock'n'Roll Swindle」より。究極のポータブル・プレーヤーの楽しみ方はコレだ! このイージーなノリ 最高! いつかやりたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/17 11:33
SeX BiDochOn's
SeX BiDochOn's Les Sex Bidochons - Olida in the Sun (Parodie de Holiday in The Sun) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/13 01:36
Steve New 1960 - 2010 ... Passed away aged just 50
Steve New 1960 - 2010 ... Passed away aged just 50 Steve New 1960 - 2010 ... Passed away aged just 50 R.I.P. ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/25 20:41
UNCUT Magazine's 「Search & Destroy」 CD
UNCUT Magazine's 「Search & Destroy」 CD 英 UNCUT誌 最新号の付録CD 「Search & Destroy」 http://www.uncut.co.uk/magazine ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 17:13
Malcolm McLaren died in Switzerland aged 64
Malcolm McLaren died in Switzerland aged 64 Sex Pistols manager Malcolm McLaren dies aged 64 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/09 21:15
ブートの殿堂 Vol. 5 Pretty Blank
ブートの殿堂 Vol. 5 Pretty Blank Sex Pistols 「Pretty Blank」 CD 15枚組 BOXセット。コイツで年末はたっぷり楽しめるな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/21 23:45
Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker
Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 18:33
SEX PISTOLS FAN CLUB
SEX PISTOLS FAN CLUB SEX PISTOLS FAN CLUB Issue 2のEP盤 「Maasbree 77 Radio EP」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/10 18:12
Sid Sings 日本盤紙ジャケCD
Sid Sings 日本盤紙ジャケCD Sid Vicious 「シド・シングス」の紙ジャケCD 問答無用。とにかく好きな一枚。中袋も復刻されています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/01 00:22
ピストルズ 栄光の伝説 The Great Rock'n'Roll Swindle
ピストルズ 栄光の伝説 The Great Rock'n'Roll Swindle ザ・グレート・ロックンロール・スウィンドルの紙ジャケCD 「Anarchy in the U.K.」がDave Goodmanプロデュースのラウドなヤツじゃないのが減点です。何故、差し替えた? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/24 23:36
NME. Originals. Punk 1975-1979
NME. Originals. Punk 1975-1979 NME. Originals. Vol 1. Issue 2. Punk 1975-1979 Complete Anarchy Original Reviews Interviews & Photos from the Archives of NME ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/02 15:40
コイツにキスしろ
コイツにキスしろ Sex Pistols 「Kiss This 」Limited Edition 2 CD 紙箱入り ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/01 19:46
Who Killed Nancy
Who Killed Nancy Who Killed Nancy ... A film by Alan G. Parker ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/09 00:13
The Swindle Continues in My Own Home!
The Swindle Continues in My Own Home! 「The Great Rock'n'Roll Swindle」 ... 「復讐してやる」のJohnny Rotten ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 21:49
Never Trust A Hippie / Sex Pistols Fanzine
Never Trust A Hippie / Sex Pistols Fanzine 「Never Trust A Hippie」 by Jim Henderson ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/13 21:35
Rotten
Rotten No Irish - No Blacks - No Dogs (アイルランド人、黒人、犬、お断り) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 20:27
ブートの殿堂 Vol. 3 GuN CoNtRoL
Sex Pistols 「Gun Control 」Bootleg...Winterland Last Live 14.Jan. 1978 最近入手した Sid Viciousジャケ・ヴァージョン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 21:30
ブートの殿堂 Vol. 1 Spunk - Smilin Ears盤
「ロックの殿堂(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)」 ...しかしナンセンス、センスレスだな。そのうちに「パンクの殿堂」とかもやるかもな?...俺はそんなモノを求めてこの世界に来たわけじゃない。ツルむな!群れるな!バンドは一人じゃ出来ないかもしれないが、PunkやRockは独りでも出来る。99人がクソだと言っても、自分一人が最高だと思えばそれで良い。その逆もある。しかしRolling S****誌や日本のメジャー雑誌なんかで選ぶ名盤Rock100... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/12 23:23
Sex Pistols 「 INDECENT EXPOSURE 」Box Set
「INDECENT EXPOSURE」 名作ブートレグ復刻CD6枚組ボックスセット ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/04 20:53
NEVER MIND THE BOLLOCKS 30th Anniversary Edition
ジャケの印刷が薄い、ポスターのサイズがオリジナルよりも若干小さい、バーコードは要らない他、細かく突っ込むポイントはあるが、なかなか良く出来ているVIRGIN RECORDS盤「Never Mind The Bollocks」の復刻LP ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/18 10:33
SID & NANCY
今なら冷静に観れるし、ツッコミどころ満載で結構楽しめる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/21 09:41
1988 The New Wave Punk Rock Explosion
俺の「甘酸っぱい思春期」の一冊! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/28 11:38
Johnny Rotten / John Lydon
Johnny Rotten / John Lydon  俺の永遠のメンタル・精神面の師匠 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/11 15:18
Sex Pistols
Sex Pistolsと俺は...長ーい付き合いであります、27〜8年位かな。 こんなに長い間飽きずに熱中出来たものは他に無いな。 反発する精神が芽生えたし、真面目にGuitarを弾くキッカケにもなったしね。 このラビット社の通称SIDチェーン(うさぎマーク入り)は 16才になったばかりの頃に、今は無き原宿のBlackで買った。 今でもキーホルダーにして毎日持ってます。 おかげで迷った時とか、いつでも初心に返る事が出来る "Fuck You! 馴れ合うな、自分を信じろ" ってね。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/21 09:31

トップへ | みんなの「Sex Pistols」ブログ

So Loose REVISITED Sex Pistolsのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる