アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Nikki Sudden」のブログ記事

みんなの「Nikki Sudden」ブログ


Kevin Junior R.I.P.

2016/01/18 22:48


Kevin Junior (The Chamber Strings) - It's Not Enough (Johnny Thunders Tribute)

Taken from the Johnny Thunders & Jerry Nolan Tribute CD " Stranded In The Doll's House " CD 1997 (Hurtin' Records - Tokyo, Japan)
Recorded at Angel City Studios, Chicago IL. Produced by Kevin, Ellis & Anthony

Kevin Junior : Guitars and Vocals
Ellis Clark : Bass
Anthony Illarde : Drums, Tamborine and Sleigh bells



画像



長く生きていると、訃報が続く。Kevin Junior (Mystery Girls - The Rosehips - The Chamber Strings)が亡くなった。

'90年代から俺はKevin Juniorと交流があった。ある日、突然、Kevin Juniorから手紙と共にMystery Girlsのシングル盤とThe RosehipsのCDが俺に届いた。なんと彼の師匠のNikki SuddenがKevinに俺の事を話してくれていたのだ。

どちらかといえばKevinのセンスはNikkiよりもDave Kusworthに近いが、俺は一発で彼の音楽と世界観を気に入って交流が続いた。
俺のバンドが The RemainsからThe Golden Armsに変わった時に、Kevinにもインフォメーションカードを送ったら、ちょうど Kevin もThe Rosehipsからバンド名を変えようとしていたころで、なんとかArms(詳しくは忘れた)と付けようとしていたが、Golden Armsとカブるので、結局、The Chamber Stringsというバンド名になったということ。

その後は勿論、"Stranded In The Doll's House"にソロ名義で参加してもらったし、彼が地元シカゴでNikki Suddenとレコーディングとライヴをした時も、Nikkiの実弟Epic Soundtracks (Swell Maps - Jacobites) とヨーロッパ・ツアーをした時も写真やライヴテープを送ってきてくれた。彼も Nikkiと同じくらいマメなので、地元でJohnny Thundersのメモリアル・ショーのDJをやる案内も送ってもらったな。
何にしても、縁が深かったので本当に寂しい。俺が出来る事は、"It's Not Enough"の素晴らしいカバーをアップロードするくらいだ。
Thank you KJ. Kevin Junior R.I.P.


画像

画像

Kevin Junior が送って来てくれたNikki Suddenとレコーディングした時の写真
下の写真は"Backups w/ ghost of Nikki ! "by Kevin Junior


画像

On Tour with Epic Soundtracks (Berlin, Germany)



画像

Kevin Juniorに貰ったレコードやCD。アナログ盤 2枚組の"Gospel Morning"には俺の名前もサンクス・リストにクレジットされている。感謝。



画像

Kevin Junior 手作りカセットテープ。レア&ライヴ集とNikki Suddenとのライヴ&スタジオ・レコーディング、あとJohnny Thundersのカバー"Some Hearts"も収録。"Some Hearts"はなんと "Stranded In The Doll's House"用のアウトテイクなのだ。当時、"Doll's House"の制作過程で俺が"Some Hearts"の権利関係を把握出来ていなかったので"It's Not Enough"を彼に録り直してもらったのだ。"Some Hearts"もかなり良い出来だったのだが ... 申し訳なかった。



画像

Kevin Junior RIP - Nerds Attack ! : 結構、具体的な記事。イタリア語
http://www.nerdsattack.it/kevin-junior-rip/


Kevin Junior, Frontman for Beloved Chicago Indie Band Chamber Strings, Dies at 46 - Billboard
http://www.billboard.com/articles/news/obituary/6844129/kevin-junior-chamber-strings-dies


画像

Kevin Junior, Beloved Chicago Music Scene Figure, Has Died - Observer
http://observer.com/2016/01/kevin-junior-beloved-chicago-music-scene-figure-has-died/



画像

画像

Friends Who Like Kevin Junior (画像はfacebookより転載)
https://www.facebook.com/Friends-Who-Like-Kevin-Junior-589196517894454/



関連ブログ記事 Nikki Sudden
http://goldenarm.at.webry.info/201006/article_2.html



記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2


Trash On Delivery

2015/04/06 20:21
画像

画像

V.A. - Trash On Delivery (Flicknife Records)
http://www.discogs.com/Various-Trash-On-Delivery/release/2086150
http://sonsofthedolls.blogspot.jp/2008/01/trash-on-delivery.html


俺の安っぽい休日。疲れ切った身体を休める為、読書をしながら、このアナログ盤を何度も繰り返しプレイする。これはここ数日間聴き続けたNikki Sudden関係のレコードの流れで、Nikkiの「The Bible Belt」やCharlie Harperのソロ・カバー・アルバム「Stolen Property」なんかをリリースした Flicknife Records から1983年にリリースされた超名作コンピレーション・アルバム「Trash On Delivery」。
以下にバンド & 曲目クレジットを載せたが、遅れてきたNew York Dolls or Hollywood Bratsって感じの'80s Glam Trash Punk and Rock 'n' Rollers 集結のコンピ盤で、この駄ブログを覗いている、ご同輩なら気に入ること間違い無しのレコード。
ちなみにJeff Dahlはこの「Trash On Delivery」にヒントを得て、「Trash On Demand」シリーズを制作したのです。
(Trash On DemandにThe Remainsが参加した時、Jeffから直接聞いた)
http://www.discogs.com/Various-Trash-On-Demand-Volume-1/release/2086159

俺の他に誰かネット上で記事にしている人がいるのか?と思い、検索したら Mr. Naruzy Suicide (Lipstick Killers) が既に自身のブログに記していました http://angel.ap.teacup.com/madfrenchdoll/109.html 流石!



Tracklist

A : THE BABYSITTERS : Everybody loves you / THE GENOCIDES : Private hell / THE LONDON COWBOYS : Let's get crazy ! / MARIONETTE : My baby sucks real bad / BAD DETECTIVE : Favourite record / THE BARRACUDAS : You're gonna miss me (live)

B : MARIONETTE : Too far gone / DOGS D'AMOUR : Teenage / SUFFRAGETTE : Do you want my love ? / GARRIE J. LAMMIN : I heard the devil / NIKKI SUDDEN & THE BIBLE BELT : Waiting for the siege / THE BABYSITTERS : Livin' out rock'n'roll .



この「Trash On Delivery」をNikki Sudden & Dave Kusworth的な視点でみると"NIKKI SUDDEN & THE BIBLE BELT"というバンドだが、Dave Kusworthは「What A Nice Way To Turn Seventeen No. 6」 LP にてThe Bible Beltというバンドで音源を残しているので、NikkiのバックはDaveのバンドかもしれない。これの初期のDOGS D'AMOURの曲「Teenage 」にもDaveが参加か? ... 残念ながらメンバー・クレジットが無いのでその辺はよく分からんが、仮にDave Kusworthが両方の曲に参加していたとしたら、一切ノークレジットってのが悲しいね。


画像

The Bible Belt - Dave Kusworth


画像

「What A Nice Way To Turn Seventeen No. 6」 LP
http://www.discogs.com/Various-What-A-Nice-Way-To-Turn-Seventeen-No-6/release/2107399



追記 :

「Trash On Delivery」に関して、Dave Kusworthの関与は無さそうです。単独音源があってもおかしくないアルバムですが、残念。 情報提供 : powderblue氏 (Thanxx!) コメント欄参照




画おの像

Trash On Delivery を聴いて購入したThe Genocidesのシングル盤。これも最高




The Genocides - No Romance



Flicknife Records
http://www.discogs.com/label/26474-Lyntone-Recordings-Ltd?page=1



おまけ:
画像

Johnny Thunders and Jerry Nolan by : Ray Zell (from Kerrang!)


記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8


Nikki Sudden - Rest In Peace. 26th March 2006

2015/03/26 22:31
画像


本日はNikki Suddenの命日なので、引き続きレコード棚からNikki関係のアナログ盤を引っ張り出して聴いている。'80年代半ば〜後半は Nikki Sudden / Dave Kusworth / Jacobites 関係のレコード盤を漁りまくった。当時、情報は何も無い。しかしジャケット写真&統一性は無いが、影のあるカッコ良い楽曲群はかなりの中毒性があったということかも。その頃、俺の周りの人達も (その後、一緒にThe Golden Armsで活動した、Satoshi Silversも) 皆 、Nikki関係のレコードを買い集めていて、そこからStephen's QuintsというJacobites影響大のバンドも発生した。
その後、縁あってNikkiと直接交流出来たのは、本当に幸せな事だった。

Nikki Sudden - Rest In Peace.


画像

Nikki Sudden & Dave Kusworth : Jacobites - The Ragged School
この写真のカッコ良さたるや ...





Nikki Sudden - Aeroplane Blues

Taken from the VA - Jesus Loves My Heroin (Rock'n' Roll Nurse Production / Japan) 2000

Nikki Sudden : Aoustic & Electric Guitars, Hand Claps, Vocal.
Ellis Clark : Harmonica & Hand Claps.
Anthony Illarde : Drums

Produced by Nikki Sudden, Ellis Clark & John Rivers

Rock 'N' Roll Nurse by Nasty xxx 13

Thanks to Nikki Sudden, Suck, The Golden Arms and Nasty xxx 13



Jesus Loves My Heroin (Rock'n' Roll Nurse Production / RNP-001 Japan) CD-R. 2000
Back Street R&R Sampler (LTD 200 Copies) ... All Sold Out!
featuring ... Jeff Dahl - Freddy Lynxx & The Corner Gang - Pirate Love - The Sabrejets (Brian Young) - Lipstick Killers - Ritchie Richard (Rord Vultures, Kevin K Band) - The Milky - Slow Candy - Kevin K Band - The Golden Arms - Nikki Sudden.

俺と ex-TeengenerateのSuckとの共同プロデュースのコンピレーション・アルバム 「Jesus Loves My Heroin」 (2000年)にNikki Suddenは無償で「Aeroplane Blues」を提供してくれた。感謝!

そして、「Stranded In The Doll's House」に参加したかったと言ってくれた。それに関しては本当に残念でならない(涙)。

記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6


Reflections On Johnny Thunders by Nikki Sudden

2015/03/18 00:05
画像

ジョニー・サンダース回顧録 / Reflections On Johnny Thunders by Nikki Sudden
DOLL誌 120号 & 121号 (1997年) に掲載


"One things I truly believe about Johnny Thunders is that in fifty years time he'll be seen to be just as important a figure as Robert Johnson is today. - by Nikki Sudden"
「ジョニー・サンダースに関して1つだけ本当に信じていることがある。それは、50年もすれば、今日のロバート・ジョンソンと同じくらい重要な人物となっているだろう、ということ。」
"ジョニー・サンダース回顧録"の本文より


映画 「Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡」 の日本公開が待てず、昨年末に購入した輸入版 「Looking for Johnny」 DVDを鑑賞した。ふと思ったのが、もし今、Nikki Suddenが生きていたらこの映画に出演して、JTとの貴重な思い出を語ったことだろう ... とても残念。しかし、Nikki SuddenはJTとの交流や思い出を 「Reflections On Johnny Thunders」 という文章にして残している。この駄ブログを覗いている方は皆、知っているだろうと思うが、その日本語訳は1997年のDOLL誌で2号に渡って掲載されている(俺の持ち込み企画)。
もし、映画 「ジョニー・サンダースの軌跡」 を観に行こうとしてる人で、これを未読な方はバックナンバーを絶対にチェックしてほしい!入手に手間がかかっても、決して損はしないだろう。これはNikki Suddenによる"ひとり Looking for Johnny" なのだ。 命日も近い ... Nikki Sudden. (19th July 1956 - 26th March 2006) R.I.P


画像

DOLL誌 121号 より


画像

画像

Nikki Sudden / England / 11th & 12 th November, 1996.
Revised / Berlin / 6th - 9th February, 1997.
Nikkiが手直しして俺に直接送ってきた原稿、全10枚 ... Thank you, Nikki ... Amen.




画像

"Reflections On Johnny Thunders"の本文に出てくる Nikki Suddenのギターを弾くJohnny Thunders
Photo by Brian Young (Thanks to Mr. Brian !)


画像

画像

画像

Nikki Sudden ('80年代のJacobites時代) とそのギター "ARIA Elecord FE"
Johnnyはモーリス、Nikkiはアリア
http://goldenarm.at.webry.info/201011/article_1.html

http://goldenarm.at.webry.info/200906/article_2.html


画像

ARIA Elecord 広告 ('80年代)


画像

Dave Kusworthも弾いています
Nikki Sudden, Dave Kusworth & Epic Soundtracks - Jacobites黄金期





Nikki Sudden - I'd Much Rather Be With The Boys
From the LP "Waiting On Egypt", Abstract Records, 1982.

「誰に指摘されてもかまわない、僕の I'd Much Rather Be With The Boys のヴァージョンはジョニー・サンダースからパクったんだ ... ヴォーカルに関しては完璧ではなかったけど、そのキース・リチャーズとアンドリュー・オールダム共作の歌のジョニー版のアレンジを、ロンドンで見つけたGANG WARのブートレグ・テープからパクったんだ。」
"ジョニー・サンダース回顧録"の本文より



画像

関連盤 Johnny Thunders - Belfast Rocks
http://www.discogs.com/Johnny-Thunders-Belfast-Rocks/release/2850301




画像

画像

Nikki Sudden (November, 1990. Tokyo)


関連ブログ記事 - Nikki Sudden (So Loose REVISITED 200回記念)
http://goldenarm.at.webry.info/201006/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8


Nikki Sudden 19th July 1956 - 26th March 2006

2012/03/26 23:51
画像

Nikki Sudden 19th July 1956 - 26th March 2006 R.I.P.
画像はNikkiからの手紙 ... I miss you Nikki.


画像

今夜聴くレコードはNikkiにサインを入れてもらった、俺のお気に入りのJacobites編集盤 「スカーフの海で迷子になった」 LP






Big Store by Nikki Sudden


関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201006/article_2.html


記事へナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2


Nikki Sudden (So Loose REVISITED 200回記念)

2010/06/13 11:23
画像

Nikki Sudden (19 July 1956 - 26 March 2006) R.I.P.

画像

画像

Nikki Sudden Live at 新宿アンチノック ( November,1990 Tokyo )

画像

Nikki Sudden & Hiroshi The Golden Arm
Liveの後で

画像



新宿アンチノックでの来日公演で前座を務めてから、Nikki Suddenと交流するようになった。ある時は頻繁に、ある時は距離を保ちつつ「Say Hello」くらいに。Nikkiはマメに文章や手紙を書く人なので、よく近況やツアーの様子など写真を添えた手紙で知らせてくれた。写真はここに少し掲載しよう。何度も「再来日したい、そしてLive in JapanのCDを製作したい」と言っていた。
俺の最大の後悔は「Stranded in the Doll's House / Tribute to Johnny Thunders & Jerry Nolan」 CDにNikkiの「Have Faith」のカバーを収録出来なかった事だ。俺も収録したかったし、Nikkiも参加したかったと言ってくれた。しかしタイミング(デッドライン)の問題で残念ながら叶わなかった。その辺の事はDOLL誌の追悼文(No.226号)でも記したが、Nikkiの事を考えると寂しくなるので、今までこのブログではなかなか書く気分になれなかった。Nikkiは雑誌やネットのインタビュー等で、俺やGolden Armsの事を話してくれていた ...
I'd love to play with Tetsu Yamauchi, the great bassist from Free and the Faces. Apart from that I know Hiroshi (from the Golden Arms) and Naruzy from the Lipstick Killers. I've only spent five days in Japan in my life. It's not enough...
http://www.nikkisudden.com/
本当に恐縮と感謝。
I Miss You Nikki. ... 。



画像

なんとNikki Sudden特集を組んだシンコーミュージックの雑誌「Ulysses」
表紙も70'sのKeith Richards。
(情報提供 : 職人T氏 Thanxx! )
この雑誌のかなり熱心にNikki Suddenの特集を組む姿勢やJacobitesの写真のセレクト等、とても素晴らしいが、本文記事で訂正したい箇所が二つ。一つはNikkiの来日公演は'89年でなく'90年。もう一つは「東京にファンがいたよ。二十五人くらい、そのうち二十人は僕の友達」 ... 。当時、残念ながらファンが少なかったのは事実だが、俺が演ってたバンドの周りだけでもそのくらいはいた。そうでなければアンチノック 3days (VINYL JAPANの快挙!)は成立しなかった。

画像

画像

画像

Nikki Sudden & Dave Kusworth ... Nikkiが送って来てくれた写真とフライヤー


画像

名盤 「Robespierre's Velvet Basement」 LP やっぱりコレでしょう。
下は「Best Wishes」と書かれたサイン



画像

Nikkiが手紙で教えてくれた、彼が90年代後半頃に企画していたCover Albumの曲目&Recデータのリスト。
その後、「Have Faith」はスペインのMunster RecordsのJohnny Thunders Tribute 10"で、「Bye Bye Johnny」はFreddy Lynxxの「Full Cover」CDで聴けるが、トータル・アルバムとしては幻に終わった ... 実に残念。

画像

画像

Nikki Sudden / Jacobitesの最大のフォロワー、シカゴのKevin Junior (Mistery Girls〜The Rose Hips〜Chamber Strings) と Nikki Sudden (Chicago, 1995)
Kevin JuniorはNikkiの実弟、故Epic Soundtracksのバンドでもツアーをした。


画像

俺の企画でDOLL誌にて2号に渡って(No.120、121号)掲載されたNikki SuddenによるJohnny Thunders回顧録 「Reflections On Johnny Thunders」。元々はFreddy LynxxのSuck Sex Records製作のFanzineに書き下ろしで掲載されたモノだが、DOLL誌掲載にあたり、Nikkiはわざわざ原稿を改訂して、プリント・アウトして送って来てくれた(写真下)。実に感激。家宝だ。
このブログを覗いてる方でコレを読んでないなんて人はいないだろ(?!)、 「Reflections On Johnny Thunders」が掲載されているのは世界中でもFreddy Lynxx製作の「Johnny Thunders Special Issue No.9」、Jeff Dahl製作の「Sonic Iguana Issue #1」、そしてこのDOLL誌の3誌だけなのだ! 実にグレートで貴重なドキュメントです。
ちなみにDOLL誌が払った掲載料はキチンとNikkiに送金した。


画像

「What A Nice Way to Turn Seventeen 2」

Nikki SuddenやEpic Soundtracks、Brian Young(Rudi〜The Sabrejets)等がコントリビューターを務める英の'80年代のFanzine。Johnny Thunders特集。Nikki Suddenは「Hurt Me」のレビューを記してます。以下、一部抜粋。

「This record is empty because it works that way it doesn't need to be any other way - one of the purest records I owe. Johnny Thunders is the only boy from New York City, So all alone ... by Nikki Sudden」

「他の手段など全く必要のない空っぽの録音。僕の中で最大にピュアなレコードの一つだ。ジョニー・サンダースはニューヨーク・シティからやって来た独りぼっちの少年さ。完全に孤独なんだ。」
訳 : Hiroshi The Golden Arm

画像

ちなみに中身はこんな感じ ... 「My Guitar Never Sleeps」 ナイス・タイトル!


画像

Illustration by Kanako Satow & Tomoko Asano


画像

Nikki Sudden & Dave Kusworth / 80年代黄金期Jacobites 
一番好きな写真 「Lost in a Sea of Scarves」 LPの裏ジャケより





Have Faith by Nikki Sudden & Freddy Lynxx (Johnny Thunders Tribute)
画像

このバッチリとハマっているJohnny Thundersカバーは元々Nikki Sudden & Freddy Lynxx のカセット・テープ・リリース「 By The Light Of The Burning Citroen」(1997年リリース) からのカット。





追記 : Nikki & Dave / Jacobitesの記事と関連のレコード・ジャケットを24枚掲載したDOLL誌はNo.55号 (1989年、Peter Murphy表紙)です。興味ある方は古本屋で探してみて下さい。


関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/200702/article_14.html

記事へナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 6


Epiphone John Lee Hooker Sheraton

2010/05/16 22:23
画像


Epiphone Sheraton John Lee Hooker Model を愛用していた時代の写真を発見。Nikki Sudden来日公演の前座でコイツを弾いた後に撮影した一枚 ('90年11月)。今は売ってしまって無いが、結構な金を払ったし、気に入っていたのでこの頃はよく使ってた ... 売って後悔してる一本。

記事へナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2


Acoustic Guitar

2007/02/27 14:21
画像


80年代の終わり頃、突然俺に神の啓示があり(?)、アコースティックでNew York Dollsのようなバンドを目指して活動を開始した。メンバーが皆ファンだったJacobitesはすでに解散していたが、同時期に英でDave KusworthがBounty Huntersで活動していたりして、結構刺激受けたり、影響されたりしたものだった。アコギでリード・ギタリストだった俺はLiveでの音作りに苦労したのを覚えてるが、今考えればリード・ギターなんだから別にLPJr.でも良かったのだ...(俺の脱退LiveだけはJr.を使用した)。
アコギ・バンドの良いところはいつでもどこでもすぐに演奏出来るという事だ。新宿の地下街でも演奏した。当時はバブル景気で、ギター・ケースの蓋を開けてあらかじめ少し小銭を入れておくと、通りがかりのサラリーマンが一曲聴いていって千円札を置いていくなんてことがざらにあった。不況な今ではとても考えられないね。
そんなこんなで活動してるうちにVinyl JapanがNikki Suddenの来日公演をやるという事で、店にデモ・テープを持っていったら、後に前座バンドに決定したとの連絡が入って嬉しかった。今でこそ、そのNikki Suddenの来日Liveは激レアなのだが、当時の東京でNikkiの知名度はゼロに近く、とにかく客を呼んできてほしいと言われて一生懸命メンバーで客集めをした思い出がある。客の半分はJohnny ThundersやStonesのファンで、もう半分はネオ・アコやクリエーション・レコードのファンだったが、結構入って俺達もNikkiのLiveも盛り上がって実際ホッとしたのだ。そのあたりの事はDOLL誌 No.226号(N.Y. Dolls表紙)にNikki Sudden追悼文として記しているので是非バックナンバーをチェックしてください。

画像

at : 新宿Jam
アコギでLive時代 YAMAHAのエレ・アコ使用 (80年代後半)


画像

at : 渋谷Take Off 7
当時はアコースティックなNew York Dollsがコンセプトだったので、
楽屋ではメンバーが皆、Dollsよろしく一生懸命、長髪を逆立てていた


画像

at : 市川CLUB GIO


画像

at : 新宿ACB
ギター・ストラップはThe Lords of the N.C.のDave Tregunnaと同じモデル


画像

1990年、Nikki Suddenの来日公演の前座に抜擢され、2日間演奏した。
これは当時の宣伝用ポスター。 Nikki Sudden R.I.P.


画像

画像

現在の愛器、GrecoのL-7 こういうB級Junkギターも今やJapanese Vintage !?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「Nikki Sudden」ブログ

So Loose REVISITED Nikki Suddenのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる