アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Books and Magazines」のブログ記事

みんなの「Books and Magazines」ブログ


望月三起也先生のご冥福をお祈り致します

2016/04/04 00:28
画像

訃報。 「ワイルド7」テレビ放送はリアルタイム、コミックも俺のバイブルの中の一つ。
望月三起也先生のご冥福をお祈り致します。



漫画家の望月三起也さん死去 77歳 「ワイルド7」がヒット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000122-spnannex-ent





この歌は今も好きだ


画像

DVDまた観よう (Thank you Suck !)


画像


画像

http://goldenarm.at.webry.info/201010/article_5.html

http://goldenarm.at.webry.info/200910/article_4.html

記事へ驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2


Apache (アパッチ) 創刊第1号 July 23 1977

2015/07/30 16:18
画像

倉庫出しスペシャル ... Vol. 4 - Apache (アパッチ) 創刊第1号 July 23 1977


訳あって断捨離(死語?)中にガラクタ倉庫から日本のPLAYBOY誌こと"Apache" 創刊第1号を発見。
1977年7月23日発行。コレはリアルタイムで購入したわけではない。「BOY LONDON」のDESTROYガーゼシャツを張り切って着ていた高校生の頃('80年代前半)、高円寺の古本屋で見つけて買ったのだ。俺にとってはお宝だが、その頃の世間はこのようなブツに感心が薄く、プレミアどころか、タダ同然の価格で入手した。コンディションは未だに良い。今や貴重か?

お目当ては当然 " Sex Pistols 独占インタビュー"のカラー・グラビア。記事も写真もオリジナルってのがホントに凄い。あとThe Runawaysのメッセージ付きのグラビアも最高。


画像

画像

日本初公開 今 もっともアナーキーな Sex Pistols 独占インタビュー


画像

「ロックは血と精液だ」っていうタイトルがスゲー!(笑)

以下、記事の抜粋 ...



安全ピンを頬に刺し、血を流し、唾をはきながら、歌い、叫ぶパンク・ロックのアウトロー、セックス・ピストルズ。とびかうスキャンダルの中で、彼らの素顔を見つめ、彼らのナマの声を聞いてみた!(本誌海外取材班)

- ところで、なぜ安全ピンを頬にさしたり、変わった髪形やファッションを身につけているの?

「その質問はナンセンス。舞台を見に来てくれればわかるよ。コンサートにくる連中は、みんな思い思いのかっこうをしてくるね、俺たちのフィーリングにぴったりの奴らばかりだ。ファッションも、今までみたいに、デザイナーから押しつけられたんじゃなくて、自分のほしいものを探し歩いたり、自分で作ったり、一つの生きがいにしているんだ。」

「まあ、なんでこんなことをやっているか、しいて答えるとすれば、今の世の中がめちゃめちゃにつまらないからだ。今までのロックも眠たくなるだけだ。大切なのは目をさますことだ。俺たちは自分もお客もエキサイトさせたいんだ。」

「自分が見たり、聞いたり、感じたりする事を、そのまま書けばいい。だから、俺たちの歌は自然とイギリス社会の腐敗ぶりをえぐる事になるんだ。それが大人たちにはけむたいんだろうけど。とにかく、俺たちは血を流し、暴れまくり、唾をとばして、せいいっぱいロックでFUCKするんだ!」

「DAMNEDとCRUSH(原文ママ)と俺たちをあわせて三大パンクなんて言われているけど、彼らは、けっこう俺たちのマネが多いよ。アメリカのランナウェイズだって、女の子だけで70年代のロックをやっているのが珍しいだけじゃないの。もっともJETTという子は俺たちの大ファンで、セックス・ピストルズのTシャツを着てるそうだけど。」

「俺たちは最高なんだ。 他の歌手やバンドなんか考える必要なんかまるでないよ。俺たちは人のまねなんかしないし。売れようと売れまいと、俺たちの音楽は変らないんだ。どんなにじゃまされても、今までもがんばってきたし、これからもやる気は十分だ。」


画像


画像

(Photo by Toru Kogure)




画像

Sexy Shock!! The Runaways ... Cherrie Currieが美しい

画像

Joan Jettのあどけない笑顔が可愛い





関連ブログ記事

倉庫出しスペシャル - 「POPEYE」 1977年
http://goldenarm.at.webry.info/201301/article_4.html

倉庫出しスペシャル - JUKEBOX Magazine from France
http://goldenarm.at.webry.info/201301/article_5.html

倉庫出しスペシャル - Sex Pistols : Wanted - By Thousands Of New Rockers
http://goldenarm.at.webry.info/201305/article_3.html


記事へナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0


オレはセックス・ピストルズだった / I Was a Teenage Sex Pistol

2014/10/03 21:22
画像

オレはセックス・ピストルズだった / I Was a Teenage Sex Pistol
グレン・マトロック著 / ピート・シルヴァートン補筆 / 岡山徹 訳


画像

「1976年の初夏、クラップハムにあるマジェスティック・スタジオで、初めてレコーディングをした時のスナップ。クリス・スペディングは、まだ来ていない。マルコムとニルス・スティーヴンソンを含めたバンドが、外でポーズをとっている。まるで、生まれて初めて戦闘に出る兵士のよう」 by Glen Matlock 本文より


この本は発売当時(1992年)に立ち読みですませていたが、先日、吉祥寺の古本屋で500円で売っていたので、即Get。Glen MatlockからSex Pistols伝説に「一言言わせろ」的なインサイド・ストーリー。グループ誕生前の細かいエピソード等、かなり面白いのでPistolsファンは必読。ただ裏話が多いので、あくまでも映画「The Great R&R Swindle」や「No Future」を押さえた後に読んだほうが良い (勿論、John Lydonの自伝やAlan ParkerのSid Vicious関連も同様) 。
個人的に興味深かったのは今や伝説中の伝説(?)"Anarchy in the U.K. Tour"の裏側の話。演奏させてもらえないので、実際はかなり退屈していたことが細かく書かれている。GlenがJohnny Rottenやメンバーとの間に溝が出来たと感じたのが、この"Anarchy in the U.K. Tour"の頃で、その理由として「僕は(The Clashの)Mick Jonesと仲が良かったから、それがPistolsの他の連中の逆鱗に触れたのだと思う ... しかも奇妙なことにClashまでもがMickのことを裏切り者と考えた」と書かれている。
Sidの章は映画「Who Killed Nancy」のインタビューとかぶっているが、Sex Pistolsファンなら読んで損は無い、と今更ながら記しておく。

画像

画像

Glen Matlockによると「ミキシングする前に資金が底をついてしまった」「ほとんど役に立たなかった」と記されているChris Spedding Demo。"Problems""No Feelings""Pretty Vacant"の3曲、何にしてもSpedding色が強く出ていて、俺は好きだ。




「Adam Antが、Morrisseyが、Billy Idolが、いちばん大きな影響を受けたのは、この時期であり、つまり76年のPistolsだ。1976年の4月3日、Nashvilleで僕たちの演奏を見たあとJoe Strummerは、昨日はどっかの馬の骨だったのに、今日は王様だもんな、と言った 」 by Glen Matlock 本文より


画像

読みながらのBGMは勿論、Nashville Rooms (SEX 24) Bootleg LP

A :
1 : Did You No Wrong
2 : No Lip
3 : Lazy Sad
4 : New York
5 : Whatcha Gonna Do About It
6 : Stepping Stone
7 : Submission
8 : Satellite Kid

B :
1 : No Feelings
2 : Pretty Vacant
3 : No Fun
4 : Substitute
5 : Problems
6 : Understanding
7 : Did You No Wrong

画像

Live at Nashville Rooms, London 3rd April 1976






Sex Pistols - Cover version of Understanding (Small Faces)
3rd April 1976 - Nashville Rooms, London




記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2


VIVE LE ROCK! - CBGBs New York Punk

2013/11/03 22:01
画像

VIVE LE ROCK! Issue 14, CBGBs The Birthplace of New York Punk



画像

今後、いわゆるロック雑誌は積極的に購入するのを止めようと思っていたのだが、書店の洋書コーナーでVIVE LE ROCK! の CBGBs特集を発見 ! このDeborah Harryのカッコ良い表紙と中身がCBGBsなので、我慢できずに購入してしまった。
特集記事ではAndy Shernoff (The Dictators), Walter Lure (Heartbreakers), Cheetah Chrome (Dead Boys), Marky Ramone (Ramones, Richard Hell & The Voidoids), Jayne County (Electric Chairs) 等のインタビューが掲載されている。
その他、Nick MarshによるFlesh For LuLuのストーリー的インタビューやNikki Suddenの新譜(The Boy From Nowhere, Who Fell Out Of The Sky / 6枚組みCD Box Set !!)紹介など、オールド Punk-R&R スクールだが、俺好みの記事が多いので、侮れない雑誌だ。付属のCDはDead Boys, Michael Monroe, Spear of Destiny他。


画像

CBGBはまさしくNew York Punkの聖地だった。あのトイレの汚さは忘れられない。


関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/200804/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0


Between Thought And Expression

2013/10/28 22:08
画像


昨日、Lou Reedが亡くなった ... 。
音源は今でもよく聴くし、以前、この駄ブログにも記したが、詩集 "Between Thought And Expression (ニューヨーク・ストーリー ) "は大好きなので、頻繁に読んでいる。結局、俺がライヴを観たのは1992年 "Magic and Loss"ツアーの中野サンプラザ公演の一回きりだった。ショー自体は派手さは無く、歌をよく聴かせるように淡々と演奏していた。歌詞の意味を理解しながら聴くことでLou Reedの世界観に没頭出来た。
画像に掲載した詩集と同じタイトル"Between Thought And Expression (思考と象徴のはざまで) " 3枚組CDボックスも、その来日公演と同じくらいに購入した思い出のあるブツ。Lou Reed 曰く "想いと表現のあいだに人生がある" ( from : Some Kinda Love ) のだ... 名フレーズ。本日は追悼。Lou Reed 1942-2013 R.I.P.


画像

SONS OF THE DOLLS :
http://sonsofthedolls.blogspot.jp/2013/10/so-long-lou.html


The New York Times :
Lou Reed, 1942-2013 Outsider Whose Dark, Lyrical Vision Helped Shape Rock ’n’ Roll
http://www.nytimes.com/2013/10/28/arts/music/lou-reed-dies-at-71.html?_r=0


Rolling Stone :
Lou Reed, Velvet Underground Leader and Rock Pioneer, Dead at 71
New York legend, who helped shape nearly fifty years of rock music, underwent a liver transplant in May
http://www.rollingstone.com/music/news/lou-reed-velvet-underground-leader-and-rock-pioneer-dead-at-71-20131027


関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/200801/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2


Clash On Broadway -4 The Outakes (Bootleg CD)

2013/09/25 21:26
画像

Clash On Broadway -4 The Outakes ... & 1984 ... ( 2001 European Bootleg )


「Clash On Broadway -4 」CD ... 大のお気に入り。出てすぐ購入したブートレグCDだが、今更ながら掲載。
相変わらず 「Sound System」Box Setを楽しんでいる。勿論、「Sound System Extras」 CDが一番の聴きどころなのだが、メンバーが「Cut The Crap」時代を完全に封印しているので、コイツも合わせて聴いている。名盤 3枚組Box Set「Clash On Broadway」 に、もし4枚目があったら的な素晴らしい内容。収録曲リストは以下に記したが、「Sandinista」〜「Combat Rock」のアウトテイクや5人組The Clash (The Clash MKU)のライヴ等、珍しめの音源が沢山収録されている。1曲目の「Rock The Cashbah With Rankin Rodger」なんて最高のパフォーマンスだし、Roger Millerのカバー「King Of The Road 」は「Sandinista」に収録されていてもおかしくない。最後の「Y.M.C.A.」はラジオショーから。レコードと一緒に歌ったり、叫んだりしてるだけだが、けっこうサンプリングぽくって面白い。「Sound System Extras」 CD収録曲とカブッてないので安く売っていたらオススメ。

ちなみに今では駄作・汚点と言われている「Cut The Crap」、リアルタイムでLPを聴いていたが、俺は結構好きだ。A面の頭4曲 「Dictator」〜「Are You Red..Y」 のたたみかけるような流れは最高だと思う。


画像

画像

ジャケはポスター・スリーヴ風、写真も作りもオフィシャル・リリースのクオリティ


画像

The Clash MKU "Out Of Control Tour" Brixton March 1984 ... スリーヴより
Nick SheppardがLP Jr.TV弾いてるのが確認出来る。



1 : Rock The Cashbah (With Rankin Rodger)
2 : Guns Of Brixton (Alt Mix)
3 : Train In Vain (Remix)
4 : White Man In Hammersmith Palais (Alt RAR)
5 : Glue Zombie (Glasgow 10 Feb 1984)
6 : This Is England (Alt Mix)
7 : In The Pouring Rain (Seattle 30 May 84)
8 : Are You Ready For War (Seattle 30 May 84)
9 : Fingerpoppin' (12" - AOR Mix)
10 : Bonds Reports
11 : Dirty Harry ( a.k.a.Magnificent Dance, The Full Radio Mix)
12 : We Are The Clash (Cut The Crap)
13 : Ammunition (Paris 1 Mar 1984)
14 : King Of The Road (Sandinista Outake) Bass : Norman Watt Roy
15 : Unknown (Columbus Ohio 9 May 84 Sdchk)
16 : Blonde Rock & Roll (Sand Out.) Vocals : Ellen Foley
17 : White Riot (26 April 1977 Promo Video Shoot)
18 : Know Your Rights (Combat Rock Outake)
19 : 1977 (26 April 1977 Promo Video Shoot - Pro Audio Source - Remixed)
20 : Overpowered By Funk (Instru. - Combat Rock Outake)
21 : Louie Louie (Sandinista Outake)
22 : Garageland (Alt - Rude Boy Outake - Complete)
23 : House Of The Ju Ju Queen (Demo - Dec 1982)
24 : Y.M.C.A. (WBCN Radio Sing-a-long)





Dirty Harry (Magnificent Dance ) by The Clash 1981

Dirty Harry Callahan and his 44 Magnum ... 「Broadway -4」CDの「Dirty Harry」とはまた別Mixだが、このサンプリングとタイトル ... 最高のセンスだ。


画像

Cut The Crap 日本盤 LP
MickもTopperもすでにいないが、The Clashファンは偏見を持たずに聴こう ... 結構カッコ良いし、俺は好きだな。




追記 : The Clash (CROSSBEAT Special Edition)

画像

昔から色々と協力したり・されたりの付き合い。編集者&ライターの白谷潔弘氏のご好意で手にしました。Many Thanxx!!  「Sound System」等のリリースと合わせたタイムリーさ。読みごたえ充分。 勿論、白谷氏も "メンバーのソロ活動とPart 5のThe Clash A to Z クラッシュ大辞典" を執筆、Good Jobされてます。Excellent Stuff!! Thanxx Again!!

記事へナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0


音楽専科社 「パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX」

2013/06/02 00:11
画像

パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX


休日に代打で仕事に入る。望まれるうちが華。日払いで頂いて、自分へのご褒美に音楽専科社の「パンクの逆襲 - RETURN OF PUNX」を購入、これは先日、悪友Suck Livingdeadと電話で話した影響だ。 http://ameblo.jp/killcity67/entry-11536572374.html?frm_src=thumb_module 出た当時は印刷が雑でガッカリして買わなかった。
音楽専科誌は英 NME誌の翻訳が多くて好きな雑誌だった。オリジナル記事のスクラップは今でも持っている、特にSex Pistols関連。俺はわりと物持ちが良いので、こうしてブログ記事になる事が多い(?)。カラーページは取っておくが、本文は捨ててしまったので、まとめて読めて有り難い、と今更ながら思うし、当時の(十代の)自分の事も思い出したりするね。BGVは「The Punk Rock Movie ノーカット版」 バップビデオ 1991年版 VHS、音だけ聴いてても楽しめる。至福の時間。


画像

当時のスクラップ。グラビアが良かったので綺麗に復刻して欲しかった。


画像

こういった記事がまとめて読めて面白い。


画像

Johnny Thundersの初来日インタビューも掲載されています。この写真良いな。



Punk77! 俺の大好きなWebsite
http://www.punk77.co.uk/

関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201210/article_2.html

記事へナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2


Johnny Thunders in VIVE LE ROCK!

2013/04/29 00:42
画像

VIVE LE ROCK! Issue 11 featuring Johnny Thunders


サンダース・メモリアル・ウイークの最後を飾るに相応しいブツ 「VIVE LE ROCK! Johnny Thunders特集号」 を入手。キチンと4月に特集を持ってくるあたり嬉しい。Zig Zag誌の編集長をしていたKris Needs氏(色々なPunkドキュメントの映像もので、本人がよく登場する)がJTヒストリー的な感じでテキストを記していますが、グラビア誌感覚で楽しめます。なんといっても、まず表紙が最高。JT的「Black + Magenta」配色で構成されていて、「Born To Cry」のジャケット写真とのバランスも素晴らしい。これはお約束なのだが、ちゃんとやってくれないのも多いからね。「R&R (Punk) にルールは無い」と言ったのもJohnnyだが、最低限のお約束はちゃんとあるのだ。束縛されず(Born Too Loose)にやってる感じでもツボはしっかり押さえているのがJohnny ThundersのGreatなところ。


画像

Text by Kris Needs (Zig Zag Magazine)

画像

JTはこういったフォト・セッションもR&Rの一部分(当然)として、しっかりやってます。

画像

センスが良いのか?悪いのか?デザイン過剰の付録ポスター




画像

レビュー記事より、「Anarchy Tour」の本が出てるらしい、読んでみたい


画像

「The All Stars Living Dead」 2枚組EPを聴きながら ... 救われる。「R&Rは(心身の)解放」です(by Nina Antonia)、俺も同感。


画像

JT & TV ... このJr.TV は俺とSuck Livingdeadの共同制作
Pic by Suck Livingdead
http://ameblo.jp/killcity67

画像

元ネタはコレ


記事へナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0


VIVE LE ROCK - The Clash

2013/03/20 22:35
画像



Die Like Cherry Blossom ... The Stranglersの「Ice」の歌い出しだが、俺にとっての桜 Song (?)はこの曲とアン・ルイスの「六本木心中」だな(笑)。今日は待望の休日、井の頭公園の桜を見に行った。桜は素晴らしい。満開でも散り際でも感激だ。
そして、お土産はついつい購入してしまった英のZig Zag 〜 Spiral Scratch路線の音楽誌 「VIVE LE ROCK」 のThe Clash特集号。この雑誌は以前、この駄ブログに記したが、ターゲットは完全に俺のように '80年代のPunk / New Waveを体験した世代。以下、少し抜粋。

画像


画像

The Clash

画像

The Lords of the New Church
付属CDには後期Lordsの名曲「Things Go Bump」を収録

画像

Jah Wobble and Keith Levene (ex-PIL)

画像

Viv Albertine (ex-Flowers of Romance, The Slits)
Slitsで一番好きだった、今もイケてます

画像

Hugh Cornwell (ex-The Stranglers)のライヴレヴュー






六本木心中 - アン・ルイス




関連ブログ記事
http://goldenarm.at.webry.info/201107/article_7.html

記事へナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


The Best of Punk Magazine

2013/02/22 23:51
画像

The Best of Punk Magazine


米・Punk Magazineを超豪華に復刻した 「The Best of Punk Magazine」 を購入。以前にも復刻版が出ていたが、これは決定版だね。紙面もコート紙で写真もクリアだ。省かれて残念な記事(Bob GruenによるNew York Dolls写真特集とか)もあるが、ヴォリュームもあり、文句無くサイコー楽しめます。


画像

オリジナル記事の完全復刻だが、写真がクリアになっている

画像

表紙のアウトテイクも掲載

画像

名作、Richard Hell 主演の探偵モノ 「The Legend of Nick Detroit」 もクリアに復刻

画像

Sid and Nancyの「D.O.A.」インタビューも1/2縮小で復刻

画像

Robert Gordon表紙の号を読むMalcolm, Cook 'n' Jones

画像

以前の「Punk Magazine」復刻版、これはこれでなかなか良い

画像

俺の手持ちの「Punk Magazine」オリジナル。今更、詳しい説明は要らないよね、NY Punkシーンを作ったと言っても過言では無いでしょう。写真もイラストもセンス抜群。結構集めていて、NYでも何冊か購入したのだが、今、残ってるのはこれだけ。

記事へナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
JUKEBOX Magazine
JUKEBOX Magazine 倉庫出しスペシャル Vol. 2 - JUKEBOX Magazine from France ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/27 17:43
POPEYE - 1977
POPEYE - 1977 倉庫出しスペシャル ... Vol. 1 「POPEYE」 1977年 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/15 19:29
HEARTBREAKERS L.A.M.F. Definitive Edition
HEARTBREAKERS L.A.M.F. Definitive Edition HEARTBREAKERS L.A.M.F. Definitive Edition 4 CDS, 4 PIN BADGES and 44 PAGE BOOKLET ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/16 00:24
Super Sonic
Super Sonic Super Sonic Magazine ( Oct.1977) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 22:33
太宰が生きたまち・三鷹
太宰が生きたまち・三鷹 太宰治文学サロン  http://mitaka.jpn.org/dazai/ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/10 22:11
The Clash by Alan Parker
The Clash by Alan Parker The Clash "Rat Patrol from Fort Bragg" by Alan Parker ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 21:38
漫画 「PIL - Public Image Limited」
漫画 「PIL - Public Image Limited」 「PIL 」 by ヤマザキマリ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 23:04
Sex, Pin-Ups & Rock 'n' Roll
Sex, Pin-Ups & Rock 'n' Roll JUKEBOX Magazine Sex, Pin-Ups & Rock 'n' Roll ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/08 21:57
Swindle
Swindle Swindle Magazine ( Los Angeles, CA US) タイトルも写真も俺のツボである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/15 22:20
Chapter 6 New York Dolls
Chapter 6  New York Dolls 第6章 ニューヨーク・ドールズ ... 「トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代」より ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 23:48
Rock 'n Roll Circus by Mick Farren
Rock 'n Roll Circus by Mick Farren Rock 'n Roll Circus - The Illustrated Rock Concert : by Mick Farren & George Snow ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 23:27
The Spirit of '78
The Spirit of '78 MOJO Classic - The Ultimate Collectors Edition New Wave Special 1978 部屋に飾っても絵になるCoolなDeborah Harryのカバー ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 10:03
The Clash / The Ultimate Music Guide
The Clash / The Ultimate Music Guide The Clash / The Ultimate Music Guide from The Makers of UNCUT ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/03 23:17
Spiral Scratch Magazine
Spiral Scratch Magazine Spiral Scratch Magazine ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/04 16:37
VIVE LE ROCK
VIVE LE ROCK VIVE LE ROCK誌 (英) 付録CD「Down on the Street」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 10:35
RIPPED / t-shirts from the underground
RIPPED / t-shirts from the underground RIPPED / t-shirts from the underground  (P-Vine Books) edited by Cesar Padilla ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/18 12:24
UNCUT / May 2011 : features ... JOHNNY THUNDERS
UNCUT / May 2011 : features ... JOHNNY THUNDERS Uncut magazine features ... JOHNNY THUNDERS ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/22 19:26
Punk!-Punk!-Punk!
Punk!-Punk!-Punk! PUNK Magazine NYC ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 11:50
Sex Pistols Cut-Up!
Sex Pistols Cut-Up! セックス・ピストルズ写真集 Sex Pistols Cut-Up! (1989 by Shinko Music Pub Co.Ltd.) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/05 23:31
Keef Riff Hard
Keef Riff Hard God Keef ... 来週、自伝「Life」が出ます。この写真のカッコ良いこと ... 貫禄です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/22 21:15
パンク天国 - British Underground Punk Rock! '76〜'82
パンク天国 - British Underground Punk Rock! '76〜'82 「パンク天国」 DOLL 6月号増刊 British Underground Punk Rock! '76〜'82 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/03 01:50
Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker
Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker Sid Vicious : No One is Innocent by Alan Parker  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 18:33
NME. Originals. Punk 1975-1979
NME. Originals. Punk 1975-1979 NME. Originals. Vol 1. Issue 2. Punk 1975-1979 Complete Anarchy Original Reviews Interviews & Photos from the Archives of NME ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/02 15:40
ワイルド7
ワイルド7 付録のステッカーが欲しくて二冊買ってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/13 19:07
黒くぬれ!
黒くぬれ! The Rolling Stones Bootleg CD Review Magazine / 黒くぬれ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 17:22
MTR ・ ハンドブック
MTR ・ ハンドブック アナログ・ロックスによるアナログ・スタイル、MTR編。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/19 00:54
Like A Mother Fucker
Like A Mother Fucker The Heartbreakers An Illustrated Record by Freddy Lynxx : This Book is Published by Success Book for Sucksex Records ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/15 00:56
DOLL Magazine (So Loose REVISITED 150回記念)
DOLL Magazine (So Loose REVISITED 150回記念) Johnny Thunders with DOLL Magazine 六本木プリンスホテル, 1988. (Pic by Shinobu Kayaba) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/01 00:22
Punk is Dead Punk is Everything
Punk is Dead Punk is Everything Get off the FUCKING PHONE L.A.M.F. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/01 22:03
New York Dolls Photographs by Bob Gruen
New York Dolls Photographs by Bob Gruen New York Dolls Photographs by Bob Gruen...作りが豪華でシャレています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/22 22:53
NEW YORK ROCKER (September 1977)
NEW YORK ROCKER  (September 1977) NEW YORK ROCKER誌 1977年 9月 Deborah Harryカバー Alan Betrock編集 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/07 11:36
Rotten
Rotten No Irish - No Blacks - No Dogs (アイルランド人、黒人、犬、お断り) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 20:27
ルー・リード詩集 「ニューヨーク・ストーリー」
ルー・リード詩集 「ニューヨーク・ストーリー」 原題 「Between Thought And Expression」 想いと表現のあいだに人生がある... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/14 21:38
PLEASE KILL ME The Uncensored Oral History of Punk
PLEASE KILL ME The Uncensored Oral History of Punk N.Y. Punkのバンドやカルチャーが好きなら必読! かなり詳細に記してます ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/04 21:41
1988 The New Wave Punk Rock Explosion
1988 The New Wave Punk Rock Explosion 俺の「甘酸っぱい思春期」の一冊! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/28 11:38
PUNK US Edition
PUNK US Edition 手に取れば分かる、これらはマスト・アイテムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 20:51
葉隠入門 / HAGAKURE
葉隠入門 / HAGAKURE たまにテンションが低い日や閉塞感を感じる時など、「人生の指南書」とか何か読んでみようかな、と思う時もあるだろう(?)。俺が昔から愛読してるのは、武士道といふは死ぬ事と見付けたり...で有名な三島由紀夫の「葉隠入門」である。 (ここはオリジナルの鍋島藩の「葉隠」では無く、あくまで「葉隠入門」である) 一応精神論なのだが、とにかく分かりやすいし、理に適ってるから現代でも通用する。なによりも三島由紀夫がこれに愛情を持ち、楽しんで解釈しているのが伝わってくるから好きだ。 以下、簡単に紹介すると..... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 22:17

トップへ | みんなの「Books and Magazines」ブログ

So Loose REVISITED Books and Magazinesのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる